厚木版 掲載号:2017年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

災害時協定を締結 県土地家屋調査士会と厚木市

政治

左から岩倉会長、小林市長、甘利支部長
左から岩倉会長、小林市長、甘利支部長
 厚木市と神奈川県土地家屋調査士会(岩倉弘和会長・会員数860人)が県内で初めて「災害時における家屋被害認定調査等に関する協定」を締結し、2月17日に厚木市役所で締結式が行われた。

 この協定は災害発生時に、不動産の表示に関する登記の専門家である土地家屋調査士が、市と協力し迅速な被害認定調査を行い、市民の被害状況を正確に証明する事などを取り決めたもの。

 締結式には、同会から岩倉会長、同会県央支部の甘利雅雄支部長など6人が出席。岩倉会長は「土地家屋調査士は他地区へ応援に入っても、住宅地図と地番で現場に辿り着くことができる。地元の会として十分に力になってきたいと考えています」と話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

レンブラントホテル厚木

神奈川県厚木市中町2-13-1 046-221-0001

https://rembrandt-group.com/atsugi

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

帰ってきたあつお展

帰ってきたあつお展

あつぎロードギャラリー

8月17日~9月19日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク