厚木版 掲載号:2017年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

野生動物の生態まなぶ

教育

野鳥観察や講義のほかに、小鳥の巣箱づくりにも挑戦。1人1箱作成し自宅へ持ち帰った
野鳥観察や講義のほかに、小鳥の巣箱づくりにも挑戦。1人1箱作成し自宅へ持ち帰った
 野生動物の保護や自然環境の保全に関心を持ってもらおうと「春休み子ども体験教室〜わくわく野鳥探検隊」が3月25日、七沢の県自然環境保全センターで実施された。同センターを拠点に活動するボランティア団体「野生動物救護の会」(渡辺優子理事長)が主催した。晴天に恵まれたこの日、小学生とその保護者ら11人が参加した。

 午前中はセンター周辺を散策しながらの野鳥観察。午後は交通事故で搬送され、同センターで救護されたタヌキとの触れ合いをはじめ、救護動物についてのレクチャーをセンター職員から受けるなど、野生動物や自然保護について親子でまなぶ1日になった。参加者からは「あらゆる角度から野生動物を知れてよかった」と好評だった。

 自然環境保全センターは、傷病鳥獣を収容して治療し、野生に還している。2015年度の救護実績は503件。運び込まれた時点で治療が厳しい鳥獣が多く、野生に返せる率は平均2〜3割程度だという。

厚木版のローカルニュース最新6件

”生きる力”は友だちから

9月11日(火)10:30~幼稚園説明会、見学はいつでもできます

http://www.showa-kinder.jp

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

触れて学ぶ「ぼうさい」

触れて学ぶ「ぼうさい」

9月9日(日)総合防災センター

9月9日~9月9日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月31日号

お問い合わせ

外部リンク