厚木版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

光の競演2017 2つの「光」楽しんで きょうから5日間

社会

ミシュラン2つ星の大山阿夫利神社からの夜景
ミシュラン2つ星の大山阿夫利神社からの夜景

 今日は山の日。夏山シーズンを迎えた大山で、様々な催しを行う「光の競演2017〜夜景と絵とうろう〜」(主催/大山観光振興会ほか)が、8月11日(金)から15日(火)まで開催される。会場の伊勢原市大山には、地域住民が手作りした「絵とうろう」が約3Kmにわたり光の回廊を演出。夜景とともに楽しむことができる。

 江戸時代、とうろうは大山へ参拝に訪れる人々の夜道の道しるべとなっていた。これをモチーフに近年、大山の商店でとうろうを飾り始めたことが、イベントのはじまりとされている。

 2006年からは伊勢原市の大山観光振興会が主催となり、イベントは年々拡大。現在では、市内外から多くの人が訪れる夏の大山の一大イベントとなり、2013年には「第4回かながわ観光大賞」を受賞した。

 当日、大山へ向かう新道から大山阿夫利神社下社までの約3キロメートルの道沿いには、地元の旅館や店舗、小・中学生手作りの、大きな「絵とうろう」や「牛乳パックとうろう」が並び、光の回廊を演出する。

 また、イベント期間中は、昨年車両をリニューアルした大山ケーブルカーが、午後8時半まで特別に夜間運行を実施。大きくなった車窓からは夜景を見ることができる。

 大山阿夫利神社からの眺望は、2015年にミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星を獲得した絶景。世界が認めるプレミアムな夜景と、幻想的な絵とうろうの2つの光のコラボレーションを楽しめる。

多彩な催しも

 会場ではイベントに合わせ、様々な催しも行われる。「光の回廊&水龍を探せ!スタンプラリー」では、地図を参考にスタンプを集めるとプレゼントがもらえる。

 また、伊勢原市公式イメージキャラクターのクルリンや厚木市マスコットキャラクターのあゆコロちゃんをはじめ、ゆるキャラたちが日替わりで夜景観賞に参加。子どもたちも楽しめる。

 問い合わせは大山観光振興会/【携帯電話】090・2322・6599

 

参道を彩る絵とうろう(昨年のようす)
参道を彩る絵とうろう(昨年のようす)

厚木版のトップニュース最新6件

「誠実」テーマに市政運営

救急車 適正利用呼び掛け

厚木市消防本部

救急車 適正利用呼び掛け

1月12日号

新成人は2,501人

厚木市

新成人は2,501人

1月5日号

新東名 1万人が歩く

海老名南JCT〜厚木南IC

新東名 1万人が歩く

1月5日号

わんダフルライフ再び

新春特別取材

わんダフルライフ再び

1月1日号

将来への備え 花ひらく年

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

又村一門一堂に

又村一門一堂に

11日から作品展

1月11日~1月16日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク