厚木・愛川・清川版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

"にんげんだもの"ロボ解説 神奈川工科大学で「相田みつを展」

文化

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
身振り手振りを交えて解説するKibiro
身振り手振りを交えて解説するKibiro

 「にんげんだもの―相田みつを展」が10月31日(火)から11月5日(日)まで、神奈川工科大学附属図書館4階閲覧室で開催される。午前10時から午後4時。入場無料。3日(金)、4日(土)、5日(日)には「人工知能ロボットKibiro」がロボット学芸員として、相田みつを作品の解説を行う。

 神奈川工科大学(小宮一三学長)で「相田みつを展」が行われるのは、今回で4回目。小宮学長と、相田みつを美術館館長の相田一人氏の交流があり、作品を通して学生に心の豊かさを育んでもらいたいと、2014年7月、「神奈川工科大学と相田みつを美術館との連携に関する包括協定」を締結したのがきっかけ。以来、学園祭の時期に毎年開催されている。

人工知能ロボットKibiroが解説

 今回のテーマは「にんげんだもの」。6月ごろから企画、準備が進められてきた。相田みつを氏の代表作『にんげんだもの』や『つまづいたって』『いのちの根』など20点を展示する。毎年テーマに合わせ、展示作品を選び、展示順にも工夫を凝らしているという。

 目玉となるのは、人工知能ロボットKibiro(FRONTEOコミュニケーションズ社より)を用いた作家紹介や、『なやみ』や『道』など展示作品5点の解説。そのほか、DVD『おかげさん〜心に沁みる言葉たち〜』が上映される。

 Kibiroの話す紹介文は、同展事務局である図書館サービス課が、相田館長の解説文をもとに入力したもの。

 なお作品解説は、3日から5日の3日間(午前11時〜、午後2時〜)。映像上映と合わせ約30〜40分行われる。31日から2日は映像上映のみ(午後1回)。

 Kibiroは、外形280㎜(H)、140㎜(W)、160㎜(D)重量763g。コミュニケーションを重視し、文字情報を話すことができるロボで、企業の受付や観光案内のガイダンスなどに使用されている。同展事務局では「コミュニケーションに重きを置くロボットと、人間の心に響く相田みつをの世界とのコラボで、新しい可能性の一端をご来場者と共有できれば」と話している。

 なお、11月4日と5日には同大の学園祭「幾徳祭」も開催される。

 問合せは同大図書館サービス課(相田みつを展事務局)【電話】046・241・6221、詳細は【URL】http://lib.kait.jp/へ。
 

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

3回目接種 前倒し

厚木・愛川・清川

3回目接種 前倒し 社会

オミクロン株の流行で

1月21日号

開館50周年 更なる発展を

緑ケ丘公民館

開館50周年 更なる発展を 社会

「地域と共に歩む」

1月21日号

2分署が新築供用開始

厚木消防署

2分署が新築供用開始 社会

相川と南毛利

1月14日号

心を繋ぐ「結」の年に

清川村

心を繋ぐ「結」の年に 社会

新春村長インタビュー

1月14日号

揃って式典開催へ

厚木・愛川・清川

揃って式典開催へ 社会

新成人は3自治体で2,884人

1月7日号

「万里一空」を胸に

愛川町

「万里一空」を胸に 社会

新春町長インタビュー

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook