厚木版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

秋の味覚を満喫 農業経営士会が料理教室

経済

調理方法を学ぶ参加者
調理方法を学ぶ参加者

 厚木市内を中心とした地場農畜産物を使った料理教室が10月21日、JAあつぎ本所4階のクッキングスタジオで開かれ、親子15人が参加した。

 この教室は、厚木市農業経営士会(栁下浩幸会長・会員22人)が主催。神奈川県で開発された新品種米「はるみ」の認知度を上げようと企画された。

 この日はJAあつぎの職員2人が講師を務め、市内で生産された新米「キヌヒカリ」と「はるみ」の食べ比べを実施。参加者からは「キヌヒカリよりはるみの方が甘い」などといった感想があがった。

 その後の料理教室では「豚肉と野菜の醤油麹炒め」や「サツマイモと油あげのお味噌汁」などを調理し、参加者全員で食した。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク