厚木版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

本日11月3日から始まる「あつぎ飯山秋の花まつり」の実行委員長を務める 松野 正剛(せいごう)さん 市内飯山在住 75歳

とことん現場主義

 ○…芳香を放つ5千株のざる菊に囲まれて取材中、50mほど離れたモミの枝にとまるオオタカを目ざとく見つけ、「そっと近づいてみよう!」。少年のような笑みを絶えず浮かべて話す様子から、愛してやまないふるさと、自然豊かな飯山をおもう気持ちが伝わってくる。

 ○…農業と養蚕、酪農を営んでいた両親が早逝し、18歳離れた長兄が親代わりだった。小鮎中学卒業後、当時の厚木自動車部品(株)(現・日立オートモティブシステムズステアリング(株))に入社。25歳で30人の部下を持つ。独学で勉強し、職業訓練指導員の資格を取った。やがて工場で新規の機械導入時には、安全性や生産性などの検査を任されるように。「とにかくやってみる。未知のことにもどんどん挑戦したよ」その姿勢を買われ、40代で1年半台湾へ赴任。まったく分からぬ言葉も地理も、忍の一字で習得し、近所づきあいが生まれると飾らぬ人柄からか「あの日本人はいい人だ」と評判が立った。現役を退いた今でも、台湾時代の取引き先とは縁が続き、コンサルタント業務を請け負っている。

 ○…飯山の魅力発掘と発展をめざして活動する「みどりと清流のふるさと創造委員会」の委員長も務める。10年ほど前、温泉郷の玄関口の休耕地に目をつけた。地主に直談判し無償で借り受け、仲間を募ってユンボで開墾。台風に泣かされ、野生動物に芽を食べられても諦めず、4年前に初めて花で人を呼ぶまつりの開催にこぎつけた。地場産野菜を販売する「飯山まちおこし絆の会」や飯山観光協会のメンバーらとも協力する手作りのまつりには、年々ファンが増え続けている。

 ○…若い時分に鳴らしたギターを懐かしみ、時間ができたら「ライブハウスをやりたい」という夢に向け、場所を確保し図面も書いた。ところが妻をはじめ周囲の猛反対にあう。次なる目標は「目下のところ模索中。もう後期高齢者だし」冗談めかして笑った。

厚木版の人物風土記最新6件

田中 俊太さん

プロ野球・読売ジャイアンツに入団した

田中 俊太さん

1月12日号

向島 史朗さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第50代理事長に就任した

向島 史朗さん

1月5日号

赤瀬 陽久(はるひさ)さん

四肢まひの障がいを持ちながら創作活動を行う

赤瀬 陽久(はるひさ)さん

12月15日号

相原 千恵子さん

2017年度神奈川県保育賞を受賞した

相原 千恵子さん

12月8日号

和田 烈(いさお)さん

名誉唎酒(ききざけ)師として日本酒の魅力や食文化を伝える

和田 烈(いさお)さん

12月1日号

天野 克子さん

厚木交響楽団でコンサートミストレスを務める

天野 克子さん

11月24日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

眠りを変えて元気に

眠りを変えて元気に

健康講座の参加者募集

1月26日~1月26日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク