厚木・愛川・清川版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

文化財保護ポスター事業 最優秀賞に古谷さん・森下さん 応募数956点の頂点に

文化

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県内の中学生を対象に行われた、「第46回文化財保護ポスター事業」の入賞作品がこのほど発表された。応募総数956点の中から、「わたしたちの文化財」部門で古谷未緒さん(小鮎中3年)が、「世界遺産登録をめざす鎌倉」部門で森下慧璃(えり)さん(荻野中2年)が、それぞれ最優秀賞に輝いた。なお、2人の作品はポスター化され、県内の中学校や社寺、文化施設などに配布、掲示される。

「わたしたちの文化財」部門古谷 未緒さん

 受賞の知らせを聞いたとき「間違えじゃないか、信じられない気持ちでいっぱいだった」という古谷さん。3日に行われた表彰式で賞状を受け取り初めて、「最優秀賞を獲った実感が沸いてきた。家族のみんなが喜んでくれて嬉しかった」と笑顔を見せる。

 古谷さんの作品は、県指定無形民俗文化財の牛込の獅子舞や、国指定重要文化財の木造舞楽面(陵王、抜頭)など、4つの面が描かれている。題材に面を選んだ理由は、「文化財というと建物を描く人が多いと思ったので、自分の得意な人物画で勝負しようと思ったから」という。

 夏休みの課題として出されたポスター制作。夏休み期間1カ月を使い、じっくりと描き上げた。「文化財なので、絶対に間違えてはいけないと思ってたくさん資料を調べた」という作品の中央には、大きく「文化財保護」の文字。書体にもこだわった。細かく描かれた面の装飾は、10種の筆を使い分け仕上げた力作だ。

「世界遺産登録をめざす鎌倉」部門森下 慧璃さん

 昨年も同部門に出品し、入賞した森下さん。「昨年、文化財を描いていて楽しかったので、今年も描こうと思った。楽しい気持ちで描いた作品が最高の賞で嬉しい」と満面の笑み。

 森下さんの作品は、荏柄天神社や鶴岡八幡宮、光明寺、鎌倉大仏などが描かれている。

 鎌倉まで足を運び、様々な角度から写真を撮り、デッサンから色づけまで10日間で仕上げた。「本物に近づけたいという一心で描いていたので、気づいたら夜になっていることもあった」と振り返る。何枚も描き直し、納得のいく作品を完成させた。

 絵具の中でもポスターカラーを使って描かれている同作。「大仏や木の葉の色を作り出すのが大変だった」と吐露する。

 普段は、身近な物をデッサンするのが好きという森下さん。最近描いているのは自身の運動靴だとか。

 来年もチャンスがある森下さんは「同部門に出品したい」と意気込みを語った。

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

2年ぶりに新入生一堂に

2年ぶりに新入生一堂に 教育

湘北短大で入学式

4月16日号

「のぼり旗」作れます

「のぼり旗」作れます 文化

デザインから印刷まで一括

4月16日号

ATGサイレン灯

戦没者に追悼の祈り

戦没者に追悼の祈り 社会

愛川で献花台

4月16日号

懸垂幕で交通安全呼びかけ

懸垂幕で交通安全呼びかけ 社会

安全運転管理者会が寄贈

4月16日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月16日号

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter