厚木版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

2018年春オープン “地域を診る”地域包括ケア病棟 医療法人鉄蕉会 森の里病院

総合診療の分野への挑戦新病棟オープンで地域包括ケアに注力

 春は新緑、秋は紅葉が美しい厚木の文教地区に位置し、急性期から慢性期に至る地域医療を担っている「森の里病院」。このエリアには小中学校があり、多くのファミリー層が暮らす一方、高齢化も進んでいるため、同院では地域のニーズに応えていくべく、今春、新病棟をオープンさせる。

 新病棟は、現在の急性期病棟(62床)を、急性期病棟(32床)と地域包括ケア病棟(30床)の2病棟に編成。新たに増築する新病棟に、地域包括ケア病棟を設置する。

 また同院は、東海大学医学部付属病院の後方病院としての重責も担っており、回復期のリハビリテーションにも注力している。今後は新病棟をベースとし、在宅医療にも力を入れていく予定という。

地域包括ケア病棟の担う役割とは

 今回新設される「地域包括ケア病棟」は、急性期治療を経過し、病状が安定した患者さんに対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う病棟だ。「本来は一般病棟で症状が安定すると、早期に退院していただくことになっていますが、在宅での療養に不安があり、もう少しの入院治療で社会復帰できる患者さんのために、地域包括ケア病棟を準備しています」と須藤院長。

 同病棟では、心身が回復するよう、医師や看護師、病棟専従のリハビリテーション室のセラピスト等により、在宅復帰に向けて治療・支援を行っていく。須藤院長は、「医療ソーシャルワーカーが患者さんの退院支援、退院後のケアについてもサポートさせていただき、在宅でフォローできる体制を考えております」と話している。

充実のネットワークで働きやすい環境を

 医療法人鉄蕉会は、千葉県南房総にある亀田総合病院および亀田ファミリークリニックを運営している法人で、両院とは連携しサポートを受けることが可能という。

 同院では現在、スタッフを募集中。「充実したネットワークで、多彩な経験を持つ医師が集まっているため、コミュニケーションを取りやすく刺激も受けあえると思います。また、24時間体制の保育所もあり、職員が働きやすい環境も整っています」と須藤院長。

 同院では今後、幅広い年代の地域住民の健康にかかわっていくため、総合診療の分野へ挑戦していく。

医療法人鉄蕉会 森の里病院

神奈川県厚木市森の里3-1-1

TEL:046-247-2121

http://www.morinosato.com

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

「経済性?」「安全性?」どちらを選ぶ答えは両方備えた「新型ポロ」

手間なくお得に株取引

アイザワ証券

手間なくお得に株取引

12月7日号

喘息は季節の変わり目に注意を

呼吸器内科で気管支サーモプラスティ治療を導入 医療レポート

喘息は季節の変わり目に注意を

11月30日号

JAが広報活動しているのはなぜ?

相続貧乏、老後破産から守るいま注目の「家計防衛術」とは

12月6日〜9日 税理士による資産活用相談会 積水ハウス

相続貧乏、老後破産から守るいま注目の「家計防衛術」とは

11月23日号

「その人らしさを尊重したい」

七沢幼稚園

”実り”の秋に野点体験

http://nanasawa-kinder.com/info.html

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク