厚木版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

今年も"湘南"と共に 北野社長が語る地域密着の「将来像」

 平塚競技場の命名権(ネーミングライツ)を取得し「Shonan BMWスタジアム平塚」へと変貌を遂げてからもうすぐ丸6年。

 BMWの正規ディーラーなどを展開する「株式会社サンオータス」の代表取締役 北野俊氏=写真下=は、ネーミングライツ企業として地元のJリーグチーム「湘南ベルマーレ」をバックアップしてきたこれまでを振り返り「ようやく浸透してきたという感じですかね」と、やや控え目に話す。

応援歌に「BMW」

 聞けばShonan BMWスタジアムの改称当時、平塚駅からタクシーに乗り行き先を告げても「BMW?はぁ?」と全く伝わらなかったのだとか。しかし、ここ数年でバスの案内表示も「Shonan BMWスタジアム」と明記されるなど、着々と認知度を向上。

 そんな地元に親しまれていく過程の中で、ベルマーレサポーターが「BMWで共に戦う」という歌詞を含んだホームゲーム限定の応援歌を制作。これが今では試合の重要な局面で選手を鼓舞しているといった、想定以上の嬉しい効果も。また、さらなるバックアップを目的にチームに進呈したラッピングカーは「街中で走っている姿を見かけると、その日はハッピーに過ごせる」といった噂も聞かれ、大きな話題に。 今年J1に昇格する湘南ベルマーレを支え続ける存在として、地域密着の姿勢を鮮明に打ち出している。

契約更新、前向きに

 さらに今年は2020年を見据え、地元から世界を狙える「湘南アスリート」を発掘すべく、サーフィン競技などのコラボイベントを予定するなど、地域貢献のためのアイデアは枚挙に暇がない様子。その象徴的な取り組みともいえる平塚競技場命名権(ネーミングライツ)の契約更改を前に「更新を含め、前向きに検討します」と、力強く語ってくれた。
 

湘南ベルマーレのJ1昇格の舞台となったShonan BMWスタジアムで笑顔をみせる北野社長
湘南ベルマーレのJ1昇格の舞台となったShonan BMWスタジアムで笑顔をみせる北野社長
ベルマーレサポーター注目のラッピングカーも評判となった
ベルマーレサポーター注目のラッピングカーも評判となった

(株)モトーレン東洋/Shonan BMW厚木支店/Shonan BMW Premium Selection 厚木

厚木市酒井3062/厚木市船子83

TEL:046-227-1911

http://shonan-bmw.com

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

七沢幼稚園

”実り”の秋に野点体験

http://nanasawa-kinder.com/info.html

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク