厚木版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

より実りの多い一年に 公益社団法人 厚木法人会会長 小嶋完治

経済

 2018年の新春を迎え、心よりご祝詞を申し上げます。

 昨年を顧みますと、経済情勢は一部の大企業において業績の回復や雇用の増大等がみられ、緩やかに景気の回復が見込まれていると報道されておりましたが、私どもの企業を取り巻く環境は、依然として先行き不透明な非常に厳しい経済環境でありました。また、年間を通じて異常気象や自然災害が相次ぎ、地域によっては甚大な被害に見舞われました。

 国外では、北朝鮮による弾道ミサイルの発射実験が数回にわたり行われ、北海道の上空を通過するという事態が起こり、これまでにない深刻かつ重大な脅威を感じました。

 一方、世界文化遺産に「宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)が新たに登録され、またスポーツ界では多くの日本代表選手が世界大会等で活躍し、メダルの獲得や輝かしい成績を収めるなど明るい話題もありました。

 私ども法人会は、企業の発展を支援し、地域の振興に寄与するとともに、国と社会の繁栄に貢献する経営者の団体です。同時に異業種交流による情報交換を図りながら、会員相互間の交流、親睦事業などを実施し、魅力ある法人会を目指していきたいと考えております。会員の皆様方には今後とも法人会活動に対しまして、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 今年は、戌年(戊戌:つちのえ いぬ)です。60年前の1958(昭和33)年は、なべ底不況が終わり、岩戸景気が始まった年です。東京タワーの完成や初代1万円札(聖徳太子の肖像画)が発行され、また日本初の缶ビールの発売、巨人の長島茂雄選手が公式戦デビューした年です。

 戌年は、干支の特徴として「勤勉で努力家」という意味もあり、知識を蓄えるにも最適です。より実りの多い一年になるよう大きな期待と希望を持ちたいと思います。

 本年が皆様並びに会員企業にとりまして、より良き年になりますようご祈念申し上げ、新年のあいさつといたします。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク