厚木版 掲載号:2018年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

JAあつぎ 地場産野菜をPR 南毛利地区で芋煮会

社会

地場産野菜を使った芋煮を作った女性部の4人
地場産野菜を使った芋煮を作った女性部の4人
 市内温水のJAあつぎ南毛利支所(萩原敏正支所長)で1月27日、「ふれあい芋煮会」が初めて開催された。

 地域に根ざした協同組合として、支所店を拠点とした活動に力を入れているJAあつぎ。芋煮会は、地元で生産された野菜の収穫を喜び、地域住民と一緒に味わう「地産地消」に向けた取り組みの一つ。

 この日のために、女性部の牧田啓子さん、桂寿美江さん、木原淳子さん、佐藤節子さんの4人が、約300人分の芋煮を前日から準備。サトイモやネギ、ゴボウ、手作りコンニャクなど地元の食材を使った、しょうゆ味の芋煮は、当日の来場者に無料で振る舞われ、好評だった。

 牧田さんは芋煮の本場、山形県の出身。「厚木で採れた野菜を使って、こういう食べ方もあるんだ、ということを知ってもらいたい」と話していた。

 また、この日はSL愛甲会によるミニSLの乗車体験や直売所の売り出しなども行われ、訪れた家族連れなどが楽しんでいた。

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

KAIT BLUEに奨励賞

開幕前に決意表明

長谷スポーツ少年団が40周年

「2度目の春、迎えました」

新春のつどい

◆(株)リラフル

新春のつどい

2月16日号

新春のつどい

◆厚木地区食品衛生協会

新春のつどい

2月16日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク