厚木版 掲載号:2018年2月2日号
  • LINE
  • はてぶ

県スポーツ優秀選手表彰を受けた、林中学校男子団体形競技チームの監督を務める 内田 正晴さん 林在住 49歳

武道の文化 伝えたい

 ○…空手の四大流派の一つ、沖縄で古くから伝わる剛柔流の道場「誠明館」の代表師範として、中学生を中心に空手を教えている。「高校や大学、大人になっても空手を長く続けてもらうために、中学までの間に空手の魅力を知ってもらいたい」。文化としての伝統武術を子どもたちに伝承する。県からの初めての表彰に対しては、「嬉しいというより、さらに身を引き締める思いが沸きました」と、冷静に話しはじめた。

 ○…1994(平成6)年、緑ケ丘公民館を練習場所に道場を立ち上げた。4人の弟子でのスタートだった。現在は厚木市内と鎌倉市内に2カ所ずつ、横浜、海老名と計6カ所に支部があり、3歳から52歳まで、およそ170人が所属する大所帯に。厚木市空手道協会の理事長も兼務し、空手の普及に尽力する。武道者としては礼儀作法を一番に重んじ、「集団行動を通して子どもたちの人格形成に携われていることに魅力を感じます」と話す。

 ○…相模原で生まれ、大和で育った。末っ子の長男で、幼少のころはいつも2人の姉と一緒に遊んで過ごした。空手を始めたのは7歳の時。近所に道場ができ、「武道をやりなさい」という父親の一言だった。日本大学藤沢高校から日本大学農獣医学部へ進学。大学時代は大和のYMCAで小中学生に空手を教えたり、キャンプリーダーを経験。このころから子どもたちを教えることに興味をもった。同じキャンプリーダーをしていた、1つ年下の妻とは27歳の時に結婚。厚木市内に居を構え、夫婦二人三脚で道場を運営してきた。

 ○…大学卒業後は、JAさがみに就職。現在は寒川支店で副支店長を任せられている。歴史小説が好きで、日露戦争を描いた司馬遼太郎の『坂の上の雲』は10回以上読んだという。「古いタイプの人間なので」というように、「近所に居るうるさいおじさん」が目標。「武道者として生涯子どもの成長に携わりたい」

厚木版の人物風土記最新6件

三浦 竜さん

ユリの魅力を伝える「2019リリーアンバサダー」に認定された

三浦 竜さん

11月16日号

小松 克生(かつお)さん

武部鉄工所労働組合の執行委員長を務める

小松 克生(かつお)さん

11月9日号

大塚 祐二さん

NPO法人障碍者支援センター鮎の風の理事長として障害者の雇用拡大に尽力する

大塚 祐二さん

11月2日号

田中 祥人(よしと)さん

にぎわいアドベンチャー隊長として『あつぎハロウィーン2018』の企画運営に携わる

田中 祥人(よしと)さん

10月26日号

中村 賢史(けんし)さん

第49回全国白バイ安全運転競技大会個人の部で総合優勝した

中村 賢史(けんし)さん

10月19日号

有坂 克幸さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の会長として子どもの安全・安心に尽力する

有坂 克幸さん

10月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク