厚木版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

闇夜に浮かぶ赤銅色 市子ども科学館職員が撮影

社会

 世界中が同じ月を見上げた夜―。3年ぶりの皆既月食を観測した1月31日、厚木市子ども科学館の職員が町田市で撮影した=写真。

 今年最大級の大きさに見える満月「スーパームーン」と、1カ月で2回目の満月である「ブルームーン」、皆既中の色が血液のように見える「ブラッドムーン」を合わせ、米航空宇宙局(NASA)が”スーパー・ブルー・ブラッドムーン”と名づけた。

 同館職員によると「今回の月食は、天体が地面より高い場所にあったため写真撮影に適していた」そう。次回は7月28日(土)明け方、満月が西に沈みかかる頃、観測の可能性があるという。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク