厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

福祉に関心持って マルベリーLCが公開例会

社会

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena
講演会のようす。国内の障害者の人数は?(正解:約860万人)、施設で暮らす身体障害者の人数は?(正解:7万人)など、来場者も参加しながらの講演会となった。県西福祉会の施設入所者らは講演活動「こころの授業」を10年にわたり続け、学校や地域の集まりに積極的に出向いている。詳細は「県西福祉会」で検索を
講演会のようす。国内の障害者の人数は?(正解:約860万人)、施設で暮らす身体障害者の人数は?(正解:7万人)など、来場者も参加しながらの講演会となった。県西福祉会の施設入所者らは講演活動「こころの授業」を10年にわたり続け、学校や地域の集まりに積極的に出向いている。詳細は「県西福祉会」で検索を

 奉仕団体・厚木マルベリーライオンズクラブ(望月淳子会長)が、2月15日にアミューあつぎ市民交流プラザで公開例会特別講演会を行った。ゲストスピーカーとして招かれたのは、(社福)県西福祉会県西福祉センターの柴田和生施設長と同会の運営する施設に入所している秦野かんなさん。

 マルベリーLCは県内の福祉施設に美容セラピーとして訪問している。その活動の中で交流のある県西福祉会の施設利用者らが、障害を知ってもらうための講演を行っていることを知り、厚木へ招いた。

 講演冒頭は柴田さんによる障害者と障害を知るためのレクチャー。その後、秦野さんの講演となった。秦野さんは20年前の25歳のときに脳梗塞で倒れ、1年後に意識が回復、車椅子に乗れるようになり、リハビリを続けていることや、当時小さかった子どもが結婚し、今は孫もいることなど、障害を持ってからの経験や思いを語った。また、初めての歩行訓練の様子も上映し「可能性がゼロでない限り諦めない」と笑顔で宣言。「(自分の講演で)何かが変わるとは思わない。でもほんの少しでも福祉に関心を持ってくれる人が増えたら嬉しい」と締めくくった。

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

動く義手「バンク」で広がれ

七沢の神奈川リハビリテーション病院が拠点に

動く義手「バンク」で広がれ 社会

5月13日号

厚木SCが地元で試合

厚木SCが地元で試合 スポーツ

観覧を呼び掛け

5月13日号

8人に教育委員会表彰

愛川町

8人に教育委員会表彰 教育

社会教育、文化振興に功績

5月13日号

短歌で「福井新聞社賞」受賞

短歌で「福井新聞社賞」受賞 文化

厚木市在住の北村純一さん

5月13日号

「星の王子さま」の飛行機

特別養護老人ホームに

「星の王子さま」の飛行機 社会

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook