厚木版 掲載号:2018年3月2日号
  • LINE
  • hatena

あつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める 森島 誠さん 海老名市在住 75歳

厚木の魅力を伝えたい

 ○…厚木の魅力を引き立て、陰で支える観光ガイドのスペシャリスト集団、といっても過言ではない。14年前に設立されたあつぎ観光ボランティアガイド協会。会員数は46人。40代〜80代の会員が在籍している。会員の多くは、「厚木に長く住んでいるけれど、厚木のことをよく知らないから、もっと勉強したい」と、現役引退後に入会した人たちだ。

 ○…活動内容は多岐にわたる。メインの活動は、市内8つのハイキングコースのガイド、そして神社仏閣・史跡などを案内する史跡ガイド。そのほか市や観光協会からの依頼で、鮎まつりや文化財の一般公開イベントの支援、観光客の動向調査など。同会のホームページで公開している毎月発行の「協会ニュース」を見るだけで、その活発で組織化された活動ぶりを垣間見ることができる。写真も豊富、会員の手による寄稿は読んでいるだけで「ああ、行ってみたいな」と思わせる。「ちょっと人に話したくなる」厚木の話題が満載。このホームページも、パソコンの素人だった会員による手作りだという。

 ○…昨年春、4代目会長に就任。市内上落合に長年住んでいた。「市外に越してからも厚木を忘れられなくて」と日頃の活動拠点はやっぱり厚木。一番好きな場所はかつて山の神として信仰を集め、旧跡も豊富な「鐘ケ嶽」と即答。丁寧で静かな語り口、緊張の面持ちを崩さない。真面目で実直な人柄が伝わってくる。

 ○…現在同会は「厚木の秘境と絶景」と題した、市内の魅力あるハイキングコースを案内するイベントを開催中。皮きりは「厚木の景勝 飯山白山・順礼峠の展望」だった。その後、「厚木の奥入瀬・谷太郎川渓谷のミツマタ観賞」、3月28日には「八菅神社・火渡り神事の見学と八菅山・鳶尾山」を案内する予定だ。ガイドの養成も行っている同会は、歴史や史跡、ハイキング、観光に興味のある会員も募集中。

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

望月 玉三朗さん

厚木市消防団の消防団長を務める

望月 玉三朗さん

3月1日号

有賀 慶介さん

全日本年金者組合厚木支部の支部長を務める

有賀 慶介さん

2月22日号

須田 哲史さん

厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会のリーダーを務める

須田 哲史さん

2月15日号

品川 未知子さん

日本刺繍アーチストとして、2月18日から初の個展を開催する

品川 未知子さん

2月8日号

大野 一郎さん

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める

大野 一郎さん

2月1日号

山本 智明さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の創立50周年記念祝賀会の実行委員長を務める

山本 智明さん

1月25日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3日に就職相談会

看護師は進化する

3日に就職相談会

3月3日~3月3日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月1日号

お問い合わせ

外部リンク