厚木版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • hatena

森の里病院 地域包括ケア病床を開設 新病棟内覧会に300人

社会

スイスの山小屋をイメージして作られたデイルームとラウンジ
スイスの山小屋をイメージして作られたデイルームとラウンジ

 医療法人鉄蕉会森の里病院(亀田メディカルグループ)の新病棟内覧会が、3月17日と18日に行われ、市内外の医療関係者や近隣住民ら、約300人が参加した。

 新病棟は駐車場だった場所に建設され、地上3階建で総床面積2365・11平方メートル。2階は一般病床(32床)、3階には新たに地域包括ケア病床(30床)を設置。4月1日(日)から開設する予定。

 須藤隆二院長は院長に就任以来、「自宅に帰ることを前提とした病院が必要」と感じていたという。地域包括ケア病床とは、病状が安定した患者に、リハビリや退院までの在宅復帰を支援する病床。入院日数が60日までと決まっているため、期間内で食事や入浴など、生活動作の訓練を行う。

 そのほか、在宅で急変した患者の受け入れ態勢を整えていく。また、在宅医療の機能充実や、家族全員のかかりつけ医として「家族医」の役割を担う。

 二次救急指定病院として、急性期から慢性期に至る地域医療を担っている同院。須藤院長は「森の里地域の中核病院として、市立病院や東海大学医学部付属病院への橋渡しをすること、内科医を強化し、在宅・訪問医療を含め、内科の患者さんを増やすことをめざす」と話した。

 なお、病院名を5月から「(仮称)亀田森の里病院」に変更する予定という。

新病棟の外観
新病棟の外観

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク