厚木版 掲載号:2018年3月30日号
  • LINE
  • はてぶ

「地域と共に歩んだ証」 優良公民館表彰に睦合南

社会

館内に飾られている表彰状と石射館長
館内に飾られている表彰状と石射館長
 事業内容に工夫をこらし、地域住民の学習活動に大きく貢献している公民館を、文部科学省が表彰する優良公民館表彰で、睦合南公民館(妻田北)が、このほど2017年度の表彰を受けた。石射政夫館長は「地域の方々や団体の人たちと共に取り組んできた活動が大きく認められた。大変ありがたく喜ばしいこと」と表彰を受けた感想を話す。

 今年度は、全国で76館、県内からは睦合南と平塚市の土屋公民館の2館が選ばれた。同館では3月の公民館まつりをはじめ、小鮎川での魚のつかみどり大会、秋の大運動会、体力向上を目的とした「ホリデイハイキング」などの事業を開催。

 どれも関係団体と職員が一丸となって運営しており、「住民の参加意欲が高く、毎年の事業が同じにならないように進めていることが評価されたのでは」と石射館長は話す。今回の公民館まつりは約3800人、魚のつかみどり大会は緑ヶ丘公民館との共催で約500人の子どもが参加したという。また、歴史や伝統を次世代に引き継ぐため、地域の歴史講座を開催するなど、自分たちの住んでいる地域に愛着を持ってもらう企画も実践している。

 石射館長は「表彰は歴代の館長や職員が地域の皆さんとともに歩んできた証。これからも地域での活動を推進していければ」と話す。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク