厚木版 掲載号:2018年5月4日号
  • googleplus
  • LINE

健やかな成長を願って 端午の節句に凧揚げを

文化

「昭和二十六年五月五日記念撮影」と書かれている。中央で抱かれているのが山口会長
「昭和二十六年五月五日記念撮影」と書かれている。中央で抱かれているのが山口会長
 凧揚げと言えば、今では少なくなってきたが、正月が一般的。かつては子どもの健やかな成長を願って、端午の節句にも凧揚げがされてきたという。明日5月5日の端午の節句を前に、市内の凧揚げの風景を取材した。

*  *

 数々の鯉のぼりが雄大に泳ぐ恩曽川地蔵橋脇の田んぼでは4月21日、恩曽川をきれいにする会(関口正昭会長)と玉川せんみ凧保存会(前場政行会長)の協力により、せんみ凧が揚げられた。

 せんみ凧とは蝉を模した凧で、伊勢原市の大宝寺発祥の郷土玩具。前場会長によると、伊勢原から七沢に嫁いできた人が厚木に広め、1932(昭和7)年頃から近隣で作られているという。

 近年凧揚げをする子どもが少なくなっていることから、凧に親しんでもらおうと今年初めて行われたもの。午前中のみの開催だったが、15人ほどの子ども連れが凧揚げをし、帰りにはプレゼントされた凧を大事そうに抱えていた。

 当日子どもたちを見守っていた、南毛利地区自治会連絡協議会の山口泉会長宅に、古い写真が残っていた。地域で初節句を祝い凧揚げをしていた51(同26)年の写真=写真上=だ。「当時、温水は農耕地帯だった。楽しみも少なかったから、みんなでやっていたんだろうね」と目を細めた。

大人も魅了

 4月3日には、市内三田、中津川脇のれんげ畑で、高崎好正さん(下荻野)ら3人が凧揚げをしていた。相模の和凧と呼ばれる、竹の骨組みと和紙に武者絵を描いた手製で、大きさは6尺(約180cm)。米粒ほどに見えた凧は、120mほど上空まで揚がっているという。

 30年ほど前に、昔を懐かしんで作成したのがはじまり。誰に教わるのでもなく、試行錯誤を重ね今まで数えきれないほどの和凧を作ってきた。「すぅーっと真っ直ぐに揚がって、下ろす時も真っ直ぐに下りてくるのがいいねえ」と、切符の良い話し方で理想の凧を語る。20個作って1個あれば良い方だとか。

 「この張りがたまらないんだよ」と握らせてくれた凧糸は、遠目では多少のたわみを保ちながらも、体を持っていかれそうなほどの力でぐいぐいと引っ張られていた。「凧好きが集まって暇さえあればいつも揚げているよ」とにっこり。端午の節句には「上は赤、下は緑のツートーンで太陽と大地を表したものを昔は揚げていた」と話す。

 隣の相模原市や座間市では今日5月4日と明日5日に、大凧まつりが開催される。

手を放すと、すぅーっと揚がる凧
手を放すと、すぅーっと揚がる凧
玉川公民館ではせんみ凧作り教室も行われた
玉川公民館ではせんみ凧作り教室も行われた

厚木版のローカルニュース最新6件

レンブラントホテル厚木

神奈川県厚木市中町2-13-1 046-221-0001

https://rembrandt-group.com/atsugi

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

帰ってきたあつお展

帰ってきたあつお展

あつぎロードギャラリー

8月17日~9月19日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク