厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

(PR)

“気づき”ができる看護師に 松蔭大学看護学部 看護学科4年

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena

 松蔭大学看護学科4年の三橋さん。現在は就職活動真っ只中。希望はさまざまな診療科がそろう総合病院や大学病院。「患者さんの要望に気がついて、先をよんで行動ができる看護師になりたい」とキラキラした笑顔で話す。

 看護師をめざしたのは、介護士をしている母親の勧め。「自分が学んだことを活かせる仕事に就きたいと思った」という。偶然にも、高校時代のバレーボール部仲間にも同志が3人。「バレーはチームプレー。人とコミュニケーションをとるのは得意」と自信をみせる。

 同学看護学科の1期生として2015年に入学。「スキル・キャリアともに高い先生方が、一人ひとり丁寧に指導してくれる」のは、新規学科ならではの利点。「教科書では学べないようなことも教えてもらえます」。

 グループで行われた3年時の実習では、意見が分かれることも多かったという。それも「みんな患者さんのことを考えてのこと。実習を通して視野の広がる看護ができた」と振り返った。夢と希望を胸に、看護師として羽ばたいていく。

松蔭大学

神奈川県厚木市森の里若宮9-1

TEL:046-247-1511

http://www.shoin-u.ac.jp/

厚木・愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6

今は手紙と電話で「思い」を伝えて

専門医にきく【3】

今は手紙と電話で「思い」を伝えて

 3つの密を避けてクラスター(集団)発生の予防を

3月27日号

ドライブスルーでクリーニング

厚南クリーニング

ドライブスルーでクリーニング

「タウンニュース見た」で30%オフ

3月27日号

「負担の少ない腹腔鏡手術」

週末の短期入院治療プランも 医療レポート

「負担の少ない腹腔鏡手術」

取材協力/伊勢原協同病院

3月27日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

3月27日号

「痛みを我慢しないで」

医療レポートNo.24

「痛みを我慢しないで」

取材協力/とうめい厚木クリニック

3月20日号

「心と身体をリフレッシュして持続可能な生活を」

専門医にきく

「心と身体をリフレッシュして持続可能な生活を」

引き続き風邪で病院・診療所に駆け込まない

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク