厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

しあわせクラブ陶芸愛好会 40周年の記念作品展 アミューあつぎで15日まで

文化

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena
大小400点以上の作品がズラリと並ぶ。「随時、新規会員も募集中です」と佐藤会長
大小400点以上の作品がズラリと並ぶ。「随時、新規会員も募集中です」と佐藤会長

 厚木市しあわせクラブ陶芸愛好会(佐藤悠美子会長)は、5月15日(火)までアミューあつぎ5階のギャラリー2・3で「40周年記念作品展」を開催している。午前10時から午後4時(最終日は3時)。入場無料。

 1978年に発足した同会。当初は、厚木市在住で老人クラブに加盟している60歳以上の人からなり、全盛期は70人以上所属していた。

 現在は、入会条件をなくし、40代から80代までの老若男女35人が所属。活動は2班に分かれて月2回ずつ、厚木シティプラザ5階で行われ、2カ月で1つの作品を仕上げていく。入会して間もない40代の女性も「年齢差も関係なく、みんなで楽しんで活動しています」と話す。

 開催中の作品展では、1年ほど前から制作した作品、大小400点以上を展示。会員が丹精込めて作った皿や湯呑み、花瓶、置物などの力作が並ぶ。陶芸歴19年の佐藤会長は「自分だけのオリジナルの作品ができるので嬉しい」と魅力と語る。「一人でも多くの人に見に来ていただけたら」と来場を呼び掛けている。

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

子どもの守り神に

恩名興福寺

子どもの守り神に 文化

山門前に地蔵尊を建立

10月1日号

産後のサポート事業拡充

厚木市

産後のサポート事業拡充 社会

母子のデイケアサービス開始

10月1日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook