厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

厚木市庁舎 移転先は「2−2地区」 検討委が提言書提出へ

政治

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
建設場所(移転先)として提言される中町第2−2地区
建設場所(移転先)として提言される中町第2−2地区

 厚木市庁舎建設等検討委員会(委員長/神保忠男市自治会連絡協議会会長)の会合が5月21日に市役所で開かれ、新庁舎の建設場所について、本厚木駅前のバスセンターなどがある「中町第2-2地区がふさわしいと判断する」とした。まとめた提言書を、29日(火)に小林常良市長へ提出する。

 検討委は公募市民や学識経験者など13人で構成。昨年7月に発足して以来、今回までに7回の会合を行い、新庁舎の建設候補地や在り方などについて議論してきた。

 当初は【1】2-2地区のほか、【2】現本庁舎敷地及び周辺地区、【3】厚木中央公園、【4】文化会館周辺地区、を建設候補地として検討。交通の利便性や用地取得費などを考慮し、【3】【4】が「建設場所としてふさわしくない」と判断され【1】【2】で協議してきた。

 検討委がまとめた提言書案では、「あるべき姿の実現性、超高齢社会の更なる進展、地域経済への効果、持続可能な都市経営など、多方面から総合的に建設候補地を比較検討した結果、新庁舎の建設場所は、2-2地区がふさわしいと判断する」と明記。また、現本庁舎敷地については、「市全体のまちづくりを考慮し、持続可能なまちの実現に向けた活用を検討するべきである」と提示した。

 検討委はこの日に挙がった意見も反映させ、29日に小林市長へ提言書を提出する。神保委員長は本紙の取材に「何が課題か整理され、夢が持てる良いものをまとめることができた」と話した。

竣工・移転の目安24〜25年度

 検討委がまとめた建設場所は、バスセンターの東側で、市営自転車等駐車場などがある約8800平方メートル。図書館や(仮称)こども未来館を核とした複合施設の建設用予定地。この日の会合で、委員から今後の建設スケジュールの確認もあり、事務局(市企画政策課)は、「順調にいった場合」と前置きした上で、2024年度〜25年度に竣工・移転する目安を示した。

 提言書の提出後は、市民との意見交換などを経て、市が(仮称)新庁舎整備基本構想(素案)を策定。パブリックコメントなども実施する。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

6基の新水槽が完成

あゆ種苗センター

6基の新水槽が完成 社会

5tの生産量増見込む

12月6日号

夢未市が10周年

JAあつぎ

夢未市が10周年 経済

今日から8日まで記念祭

12月6日号

和裁ひとすじ、半世紀

神奈川の名工

和裁ひとすじ、半世紀 文化

厚木市から軍司さんが受賞

11月29日号

小鮎小PTAが大臣表彰

小鮎小PTAが大臣表彰 教育

「地域とのつながり」評価

11月29日号

南蛮屋本店が受賞

県優良小売店舗表彰

南蛮屋本店が受賞 文化

 炭火焙煎コーヒー店

11月22日号

荻野で2度目の実証運行

厚木市

荻野で2度目の実証運行 社会

「地域コミュ交通」実現へ向け

11月22日号

地域一丸で125周年祝福

愛川町立高峰小

地域一丸で125周年祝福 教育

ドローンで人文字撮影

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク