厚木版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

稲作体験で郷土愛育む 厚木青年会議所の取組み

教育

 厚木青年会議所(=JC・向島史朗理事長)が子どもたちの郷土愛を育もうと取組む事業「まちの魅力体験キッズ」。

 2回目となる今年は「稲作体験」を企画。5月20日に愛川町角田で218人の親子らが田植えを体験した=写真。夏を思わせる晴天のもと、参加した子どもたちはJCメンバーらの掛け声とともに一列に並び、慣れない手つきで苗を田んぼへ投入、泥の感触に歓声をあげながら懸命に取り組んだ。カメラを構える保護者らも皆笑顔だった。

 今後は7月に田んぼ観察、9月に稲刈り、10月に収穫したコメを受け取るまでを通して、地域の自然、伝統、日本人のルーツともいえる稲作を体験する。

厚木版のローカルニュース最新6件

ダイワ夏の特別金利キャンペーン

新規のお客さま限定、円定期預金金利が年0.40%

http://www.daiwa.jp/campaign/1806dnb/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴代入賞者9組が集結

ミュージックフェス

歴代入賞者9組が集結

6月24日 アミューあつぎ

6月24日~6月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク