厚木版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療レポートNo.5 「最良の医療提供をめざす」 取材協力/とうめい厚木クリニック

金田麻子医師。海外でボランティアとして医療を提供する青年医師の姿に憧れ、医師を志す。趣味はウォーキング。ヨガ歴は20年
金田麻子医師。海外でボランティアとして医療を提供する青年医師の姿に憧れ、医師を志す。趣味はウォーキング。ヨガ歴は20年
 東名厚木病院などを展開する社会医療法人社団三思会(市内船子)は、県央地域の中核病院として住民に地域医療を提供する。総合外来部門「とうめい厚木クリニック」の小児科医、金田麻子氏に話をうかがった。

 小児科は、一般的に産まれてすぐの赤ちゃんから、中学3年生までが通院する。同クリニックでは高校生まで診ている。外来にはキッズルームや子ども用のトイレも併設。血液や尿検査、心電図、エコー、X線写真、CT、MRIなどの検査にもすぐに対応できる。

 最近多い症例が、思春期の子どもの心と体のバランスの問題から起こる「起立性調節障害」。立ちくらみや、頭痛、腹痛、朝起きられずに学校へ行けないなどの相談が増加傾向にあるという。

 金田医師は、西洋医学のほかに、インドの伝統医学や東洋医学も学んできたことから、西洋医学の薬に併用して、漢方薬の治療も行う。「夜早く就寝したり、水分を多く摂取することが予防につながります」と話す。

 「純粋で罪のない子どもの病気を、心の底から助けてあげたい」と思い、小児科医になった金田医師。「優しく安全で、患者さんにとって最も良い医療を提供したいと思っています」と語った。

社会医療法人社団 三思会 とうめい厚木クリニック

厚木市船子237

TEL:046-229-3377

https://www.tomei.or.jp/hospital/

ダイワ夏の特別金利キャンペーン

新規のお客さま限定、円定期預金金利が年0.40%

http://www.daiwa.jp/campaign/1806dnb/

<PR>

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

外壁・屋根塗装梅雨にやるべき?

教えて!「外装屋さん」

外壁・屋根塗装梅雨にやるべき?

6月8日号

胃・大腸がん 早期発見のすすめ

年間7千件以上の検査を行う内視鏡センター 医療レポート

胃・大腸がん 早期発見のすすめ

6月1日号

予防と定期健診が大切

「パソコン使いこなせていますか」

好立地&バリアフリーで心配のない暮らしを

賢い土地の売却方法・空家対策とは

空家の心配、知らないと損する税金の特例 など

賢い土地の売却方法・空家対策とは

5月25日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴代入賞者9組が集結

ミュージックフェス

歴代入賞者9組が集結

6月24日 アミューあつぎ

6月24日~6月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク