厚木版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

厚木市 会議資料をデジタル化 今秋 電子ペーパー導入へ

経済

イメージ画像
イメージ画像
 厚木市では今秋より、会議などで使用する資料を、紙から電子ペーパー端末機へ移行する。行政事務の効率化や迅速化はもちろん、紙や印刷コストの削減も図る。神奈川県内で本格導入するのは、初めての試み。

 市では、市長や副市長、政策部長らが出席する経営会議や、秘書課長や財政課長、都市計画課長らが参加する統括政策調整会議などが、年間100回以上行われている。そこで使用される紙は20万枚以上で、紙や印刷費などに約200万円費やしている。端末機はこれらの会議などで活用され、50台を導入予定。予算は500万円を計上しており、担当の市行政経営課では、「3年でペイできる」としている。

 端末機はA4サイズ。これまで使用していた紙の資料をそのままPDF化し、1枚で表示する。拡大や、専用のペンで書き込みもできる。

 同課では、「情報を端末に入れるので、セキュリティの問題がある。今後、調整が必要」と話している。

厚木版のローカルニュース最新6件

レンブラントホテル厚木

神奈川県厚木市中町2-13-1 046-221-0001

https://rembrandt-group.com/atsugi

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

帰ってきたあつお展

帰ってきたあつお展

あつぎロードギャラリー

8月17日~9月19日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク