厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

公共施設のブロック塀 9施設のひび割れを確認 通学路の安全点検も実施

社会

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
塀の安全性を確認する市職員
塀の安全性を確認する市職員

 大阪府北部で6月18日に発生した、震度6弱の地震を受け、厚木市は公共施設のブロック塀の緊急点検を、即日実施した。ブロック塀のある71施設のうち、9施設でひび割れ、1施設で垂直に立っていない塀が確認された。

 大阪北部地震では、通学路に面したブロック塀が倒壊し、児童が下敷きになる事故が発生。市の公共施設(小中学校、庁舎、公民館、公園、児童館など)にもブロック塀を設置している施設があることから、市は一斉に緊急点検を行った。

 点検は地震が発生した18日から22日まで実施。高さ1・2m以上のブロック塀について、主に3項目(【1】ひび割れがないか、【2】垂直に立っているか、【3】幅3・4m毎に控え壁があるか)を、職員などが目視で点検した。結果は、ひび割れが9施設、壁が垂直に立っていないのが1施設、ブロック塀か万年塀(コンクリート壁)かわからない塀で、控え壁のない塀が11施設で確認された。

 危険が確認できた施設については、市建築課、市建築指導課の職員が専門的な視点で再度確認し、状態に応じた安全対策を施していくという。

 さらに、市教育委員会では、19日から市内の小中学校の通学路に面する、ブロック塀の安全確認も行っている。26日までに愛甲と及川で2件の危険箇所の情報があり、該当する各校では、子どもたちに注意喚起を行った。これらの危険箇所は、道路部などの専門部署が随時対応するという。県立高校については、7月7日までに県が安全点検を行う予定になっている。

 また、一般住宅などのブロック塀については、各地区の公民館が主体となって、現在も確認を進めている。市危機管理課の担当者は「危険箇所は、数件あると報告を受けている。市の助成制度を紹介するなどして、安全が保たれるように働きかけていきたい」と話す。

 なお、公共施設の建物については、2010年度に耐震補強工事が完了している。市危機管理課によると、文科省の耐震補強マニュアルに従い、市の公共施設は、一般的な建物の約1・16倍の強度になっているという。

改善工事に補助金

 市は、ブロック塀の倒壊や転倒による事故を防ぐため、塀の撤去や改善工事にかかる費用を補助している(条件あり)。

 補助金額は、工事見積額の75%(千円未満は切り捨て)で、上限は30万円。昨年度の申請実績は4件、一昨年度は1件だったが、大阪北部地震以降、すでに30件以上の問合せがあるという。

 補助金に関する問合せは市危機管理課【電話】046・225・2190へ。

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

施設利用再び制限へ

まん延防止措置

施設利用再び制限へ 社会

県内全市町村適用で

1月28日号

家康の朱印状 指定文化財に

厚木市

家康の朱印状 指定文化財に 文化

博物館で2月1日〜公開

1月28日号

3回目接種 前倒し

厚木・愛川・清川

3回目接種 前倒し 社会

オミクロン株の流行で

1月21日号

開館50周年 更なる発展を

緑ケ丘公民館

開館50周年 更なる発展を 社会

「地域と共に歩む」

1月21日号

2分署が新築供用開始

厚木消防署

2分署が新築供用開始 社会

相川と南毛利

1月14日号

心を繋ぐ「結」の年に

清川村

心を繋ぐ「結」の年に 社会

新春村長インタビュー

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook