厚木版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

医療レポートNo.6 「傷の治療は形成外科で」 取材協力/とうめい厚木クリニック

河内司医師。2歳の子どもと一緒に「機関車トーマス」や「シンカリオン」を観て過ごす休日が唯一の息抜き
河内司医師。2歳の子どもと一緒に「機関車トーマス」や「シンカリオン」を観て過ごす休日が唯一の息抜き

 県央地域の中核病院として住民に地域医療を提供する、社会医療法人社団三思会(市内船子)。今回は、総合外来部門「とうめい厚木クリニック」の形成外科、河内(かわうち)司医師に話をうかがった。

 形成外科の治療対象は、頭部から足の指先までで、皮膚から筋肉、骨に至るまでの病変。皮膚のできもの(腫瘍)切除から、ケガによる外傷、皮膚機能を作り直す「再建」、美容整形まで多岐にわたる。

 同クリニックの外来で多い相談は、皮膚にできた「ほくろ」や「できもの」の除去。「痛みをともなう前の初期に受診することが大切です」と話す。また、この季節に気になる「わきが」の治療にも、保険診療でできる選択肢があるという。

 三思会では常勤・非常勤合わせて6人体制で形成外科を展開。クリニックと連携する東名厚木病院では、労災事故などによる「切断指」の手術も積極的に受け入れている。

 生まれつき唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)の先天異常があり、ドクターを志した河内医師。専門は治りにくい創傷で、「自分が患者だったらどうか」という目線で常に診療にあたっている。「傷のことについて、目立たなくしたいなど何か気になることがあれば気軽に外来を受診してください」

社会医療法人社団 三思会 とうめい厚木クリニック

厚木市船子237

TEL:046-229-3377

https://www.tomei.or.jp/hospital/

私がやります!声を 夢を力に!

「子ども虐待根絶」「厚木に第2県庁を」「待機児童解消」ほかに挑戦します!

http://yamaguchi-takahiro.com

<PR>

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若き歌声一堂に

若き歌声一堂に

3月27日、あつぎ高校合唱祭

3月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(市内長谷在住)

    3月15日号

  • 街の宝物

    街の宝物

    3月15日号

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク