厚木版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • hatena

ZOOM UP ギアはニュートラル、向かうは「最良の人生」 菓子を通じてボランティア活動に協力する 岸田嘉夫さん(64)

社会

湘南厚木病院でのロビー販売は慣れたものの岸田さん。お客さんとの会話は冗談の連発=7月6日・同病院
湘南厚木病院でのロビー販売は慣れたものの岸田さん。お客さんとの会話は冗談の連発=7月6日・同病院
 ▽湘南厚木病院の外来棟ロビーにずらりと並ぶ菓子。エプロン姿で接客するのは旭町の「スイス菓子ポニイ」店主・岸田嘉夫さんだ。ポップには、売上げの一部が寄付に充てられる旨が記されている。ロビーの一角で、同病院医事課の藤原大(たけし)さん(39)が見守っていた。NPO法人チーム絆の一員として、紛争地域の子どもたちや国内の被災地を訪れ自分の目で見て、支援活動を行う藤原さんの依頼を受け、岸田さんは昨年から菓子作りで協力を始めた。

 ▽2017年7月の九州北部豪雨後には規格外の梨や柿を使ったタルトを、現在はフェアトレード(開発途上国の原料や製品を適正価格で購入する)商品のモリンガを使いパンや菓子を創作。店頭販売のほか子ども食堂へも提供する。協力を決めたのは、それまでも訪れていたロビー販売で「縁の下の力持ちで働く藤原さんに好感をもったから。あとはおせっかいだね」

 ▽立て板に水のような口調は、生まれを聞けば納得。日本橋茅場町育ちの江戸っ子は、通学途中に見かけるその姿に憧れて、パン職人を目指すようになった。大学卒業後に夢を叶え、時には片道15Kmを走って出勤し、パンを焼いた。転機は26歳の時。神戸の有名パン店「フロインドリーブ」の求人に店を訪れると、あっさり採用が決まった。パンやケーキ、チョコレートなどさまざまな部門で腕を磨き、休みなしで働いた。4年遅れて入社してきたのが、妻の尚子さん。「この人なら自分の両親を大切にしてくれる」と思える優しい人柄に魅かれた。4人の子宝に恵まれ、独立を考えていた矢先、阪神淡路大震災が起きた―。

 ▽バレンタインが近い冬の朝、チョコレートが流れ出した床も、仕込んだパン生地もそのままに避難。店は休業を余儀なくされた。家族を養うため、知人を頼りに見つけたのが現在の店舗。街を知ろうと、右も左も分からない厚木をバイクで駆け回った。子どもたちの進学と自宅の新築に売上げ金の盗難が続き、「アイアンクローで頭をつぶされるような」不安の朝も、笑みを忘れぬ強い精神力で切り抜けてきた。最良の人生をいきるため、いつもニュートラルでいたい。年に1度の愛娘との旅行を心の栄養に、「80歳まで店はがんばるよ」

厚木版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

事故に気をつけて明るい年末年始を

交通安全特別企画

事故に気をつけて明るい年末年始を

12月14日号

鈴木昭久さん勇退

ZOOM UP

鈴木昭久さん勇退

12月14日号

華やかにチャリティ会

「おうちよりおいしい〜」

笑顔を運ぶユリ大使

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聖夜の映画会

聖夜の映画会

市立中央図書館

12月25日~12月25日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク