厚木版 掲載号:2018年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

市文化会館 震度5弱で公演中止に 危機管理方針を作成

社会

1400人収容の大ホール
1400人収容の大ホール
 市文化会館を管理する厚木市文化振興財団(平井広理事長/恩名)は、大規模災害の際に、公演の中止などを定めた、「厚木市文化会館危機管理基本方針」と「災害発生時対応マニュアル」を作成。来年7月の運用開始に向け、施設利用者やホール予約団体などに周知を始めた。

 厚木市文化会館は1978年に完成。以来、一流アーティストのコンサート、演劇、歌舞伎などの公演を開催してきた。一方で、市内の文化団体や学校の練習、発表の場として、市民の文化振興の拠点の役割を果たしている。

 今回の基本方針、マニュアル作成の背景には、首都直下型地震などの災害に対するリスクの高まりと、文化会館の老朽化の懸念がある。そのため同財団では、より安全に施設を利用、来場してもらえるようにと、管理体制を明文化。基本方針、マニュアルの作成に至った。

「安全確保に理解を」

 今回のマニュアルの柱は主に2つ。1つ目は、震度5弱以上の地震が発生した場合、公演や催事は中止となる。震度の判断基準は市が運用している全国瞬時警報システム(J-ALERT)を採用。大地震によって施設の破損、余震による被害の拡大、舞台の吊り物の落下などが想定されるため、専門業者によって安全が確認されるまでは、施設は使用できない。公演が中止になった場合、施設利用料は主催者に全額還付される。

 2つ目は、ホール利用の場合、4人以上の避難誘導員の配置が義務となる(大ホール2階客席を使用する場合は6人以上)。避難誘導員は、災害が発生した際、会館スタッフとともに、利用者や来場者の避難誘導を担当する。主催者には公演時の配置図の提出も義務化された。

 同財団の担当者は、「これまで、安全面に関しては主催者と協議して対応してきた。しかし、有料公演などは、開催の有無を含めて非常に判断が難しい面があった。マニュアルができたことで、この内容に沿って、主催者に理解、協力を求めることができる」と話す。

運用開始は来年7月

 基本方針、マニュアルの運用開始は19年7月1日から。会館の施設予約が1年先まで可能ということで、財団では運用開始を来年に定めた。それまでは準備期間として、施設予約団体や利用者に内容を周知し、協力を求めていくという。

秋の特別金利キャンペーン

預入金額300万円以上5,000万円以下の新規のお客様限定で年0.40%

http://www.daiwa.jp/campaign/1809dnb/

”生きる力”は友だちから

10月2日(火)運動会(幼稚園園庭にて)9:15~、見学はいつでもできます

http://www.showa-kinder.jp

<PR>

厚木版のトップニュース最新6件

高齢者に定額タクシー券

神奈中グループ

高齢者に定額タクシー券

9月21日号

市内唯一のエース認定

神奈川がんばる企業

市内唯一のエース認定

9月21日号

安部名誉教授が邦人初受賞

神奈川工科大

安部名誉教授が邦人初受賞

9月14日号

「暮らしの保健室」オープン

地域の芸術リードし20年

公募厚展

地域の芸術リードし20年

9月7日号

飯山観音 車で行きやすく

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

盤上の静かなる戦い

盤上の静かなる戦い

囲碁将棋大会の参加者募集

9月30日~9月30日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市役所新設について

    市役所新設について

    神奈川県議会議員 佐藤知一

    9月21日号

  • 民法について

    〜専門家コラム〜「生活に役立つ知っておきたいこと」【2】

    民法について

    〜債権・契約に関する規定大改正〜

    9月21日号

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク