厚木版 掲載号:2018年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

市文化会館 震度5弱で公演中止に 危機管理方針を作成

社会

1400人収容の大ホール
1400人収容の大ホール
 市文化会館を管理する厚木市文化振興財団(平井広理事長/恩名)は、大規模災害の際に、公演の中止などを定めた、「厚木市文化会館危機管理基本方針」と「災害発生時対応マニュアル」を作成。来年7月の運用開始に向け、施設利用者やホール予約団体などに周知を始めた。

 厚木市文化会館は1978年に完成。以来、一流アーティストのコンサート、演劇、歌舞伎などの公演を開催してきた。一方で、市内の文化団体や学校の練習、発表の場として、市民の文化振興の拠点の役割を果たしている。

 今回の基本方針、マニュアル作成の背景には、首都直下型地震などの災害に対するリスクの高まりと、文化会館の老朽化の懸念がある。そのため同財団では、より安全に施設を利用、来場してもらえるようにと、管理体制を明文化。基本方針、マニュアルの作成に至った。

「安全確保に理解を」

 今回のマニュアルの柱は主に2つ。1つ目は、震度5弱以上の地震が発生した場合、公演や催事は中止となる。震度の判断基準は市が運用している全国瞬時警報システム(J-ALERT)を採用。大地震によって施設の破損、余震による被害の拡大、舞台の吊り物の落下などが想定されるため、専門業者によって安全が確認されるまでは、施設は使用できない。公演が中止になった場合、施設利用料は主催者に全額還付される。

 2つ目は、ホール利用の場合、4人以上の避難誘導員の配置が義務となる(大ホール2階客席を使用する場合は6人以上)。避難誘導員は、災害が発生した際、会館スタッフとともに、利用者や来場者の避難誘導を担当する。主催者には公演時の配置図の提出も義務化された。

 同財団の担当者は、「これまで、安全面に関しては主催者と協議して対応してきた。しかし、有料公演などは、開催の有無を含めて非常に判断が難しい面があった。マニュアルができたことで、この内容に沿って、主催者に理解、協力を求めることができる」と話す。

運用開始は来年7月

 基本方針、マニュアルの運用開始は19年7月1日から。会館の施設予約が1年先まで可能ということで、財団では運用開始を来年に定めた。それまでは準備期間として、施設予約団体や利用者に内容を周知し、協力を求めていくという。

厚木版のトップニュース最新6件

「あつナビ」運用開始

厚木市

「あつナビ」運用開始

7月13日号

涼を呼ぶ花玻璃(はなはり)の音

厚木グラススタジオ島村さん

涼を呼ぶ花玻璃(はなはり)の音

7月6日号

厚木で「ハイサイ!」

9施設のひび割れを確認

公共施設のブロック塀

9施設のひび割れを確認

6月29日号

学校運営に地域の力

コミュニティスクール

学校運営に地域の力

6月29日号

全国に響いたハーモニカ

吹夢Z

全国に響いたハーモニカ

6月22日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひろみちお兄さんが来る

ひろみちお兄さんが来る

親子運動あそび 参加者募集

9月1日~9月1日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク