厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

(PR)

股関節の痛みに対応 医療レポート 手術は「生活の質」向上への一歩 取材協力/伊勢原協同病院

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
永井達司診療部長と同院スタッフ
永井達司診療部長と同院スタッフ

 『歩く・立つ・しゃがむ』といった生活するうえで欠かせない動作をはじめ、歩行時には体重の約3倍の重さを支える「股関節」。人体最大の関節として「生活の質」(QOL)向上に欠かせない股関節の病気(変形股関節症など)に対して、2年前から人工関節センターを開設して人工関節手術にも取り組む伊勢原協同病院(井上元保院長)の永井達司診療部長に話を伺った。

 「股関節の変形は長い年月の経過や関節の使い過ぎによって起こるものも多く、痛みだけでなく、変形で動きが悪くなり、バランスが崩れることで腰や膝など全体にも影響します」と永井診療部長。

 同院では薬やリハビリテーションによる保存療法をはじめ、手術が必要となる場合は股関節を人工関節に置き換える手術を行う。人工関節センターでは昨年度60件の股関節置換術を行っており、手術時間は30分から1時間ほど。リハビリテーション科と連携し2〜3週間ほどで退院となる。同院を訪れる方には口コミも多く、永井部長は「しっかりと説明して患者さんの信頼を得ることが大切。手術は負担が減るように低侵襲を心がけています。また手術はQOL向上のためのもの。出来なくなった事が出来るようにが目標です」と話す。

 また「痛みがあればご相談ください。もちろん手術をしなくても、薬物治療や運動療法などで痛みが改善する場合もあります。保存的治療で経過を見る患者さんはたくさんいらっしゃいます」と永井診療部長は話した。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com/

厚木・愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6

ABAセラピーで個別に療育支援

オープン

ABAセラピーで個別に療育支援

てらぴぁぽけっと本厚木教室

1月17日号

運動器から「丈夫な身体づくり」

医療レポートNo.22

運動器から「丈夫な身体づくり」

取材協力/とうめい厚木クリニック

1月17日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

1月17日号

相続の無料相談会

相続の無料相談会

1月31日〜2月1日の2日間

1月17日号

”やせて太らない”ための食事法をレクチャー

40歳以上の方のための「健康ダイエット」教室

”やせて太らない”ための食事法をレクチャー

すでに7000人以上の女性が習得

1月10日号

「MYバレンタイン」開催

バレンタイン限定の婦人科検診 2月16日

「MYバレンタイン」開催

東名厚木メディカルサテライト

1月10日号

LINEで断水情報等を発信

LINEで断水情報等を発信

災害に備え県が登録呼び掛け

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク