厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

厚木へ「ハエレ マイ」 女子バスケNZ(ニュージーランド)代表と交流

スポーツ

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
白熱した試合。NZ代表は五輪を見据え、若いチーム構成で挑んだ
白熱した試合。NZ代表は五輪を見据え、若いチーム構成で挑んだ

 厚木市が、女子バスケットボールニュージーランド代表チーム「トール・ファーンズ」のキャンプを受け入れた。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたホストタウン交流事業の一環。7月18日から24日の滞在中に、レセプションやバスケ教室などで、関係者や子どもたちと交流した。

 19日には、レンブラントホテル厚木で歓迎レセプションが行われた。参加者全員で、ニュージーランドのマオリ族の言葉で「やあ、ようこそ」を意味する「キオラ ハエレ マイ」と迎えると、あゆコロちゃんとともに地域の文化芸能・白龍太鼓を披露。チームの面々は物珍しそうに携帯電話を構えていた。

 霜島宏美副市長が「交流を深めていきたい」とあいさつし、TOKYO2020の法被を贈った。同チームのガイ・モロイヘッドコーチは「美しい街に来られてうれしい。東京五輪で再来日したい」と話し、マオリ族の工芸品を贈った。

 内閣官房東京オリパラ推進本部事務局の荒井陽一参事官は「ホストタウンとして厚木はトップランナー。開幕まで交流を深めていってほしい」と呼び掛けた。

小学生との交流も

 21日には荻野運動公園体育館で、市内のミニバスケットボール連盟に所属する小学6年生30人を対象に、バスケ教室を開催。パス交換などを通して交流を深めた。

 また同日、富士通レッドウェーブと練習試合を行い、約1000人の観客が歓声を上げた。観戦に来ていた厚木北高校女子バスケットボール部のキャプテン・笹生彩乃さん(2年)は「ボールへの気持ちなど、迫力があって参考になった」と感想を語った。

*  *  *

 チームの面々は、オフには浅草や原宿の観光を楽しんだという。主将のカラーニ・パーセル選手(23)は「お会いした方々が日本文化を親切に教えてくれた。キャンプも有意義になった」と話した。

 チームは24日に羽田空港を発った。厚木市は今後もさまざまな方面で同国と交流を深めていく予定だという。

記念品を贈り合った
記念品を贈り合った
ドリブル指導する選手
ドリブル指導する選手

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

中国からマスクのお返し

3000球のチューリップ

山際のレストラン栗の里

3000球のチューリップ 社会

4月3日号

72言語に対応

72言語に対応 社会

愛川町が翻訳機導入

4月3日号

「元気あふれる交流都市」めざす

厚木市人事

「元気あふれる交流都市」めざす 社会

部長職に15人が昇格

4月3日号

ホテルでテレワーク

レンブラントホテル厚木

ホテルでテレワーク 社会

4月3日号

「やりがいや達成感になる」

「やりがいや達成感になる」 社会

国勢調査員を募集

4月3日号

海老名市今里で宅地18区画販売

海老名の不動産なら株式会社エイト

http://www.8eight.jp/

小児科内科落合院

病児のお預かりもしています。保育・医療事務担当職員募集中

https://www.ochiai-iin.com/

ニチイの医療事務講座

9月1日~10月31日まで受講料が30%OFFに。無料体験説明会も実施

https://www.e-nichii.net/campaign/iryo_reiwastart2019/

「自分でできた!」に導く公文式

いつでも教室減額ができます。お近くの教室は「くもん教室」で検索

https://www.kumon.ne.jp/

屋根修理は妻田南のアイネックス

「雨が漏った」「屋根材が剥がれた」など、屋根や壁の困りごとがあったら連絡を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク