厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

神奈川工科大学厚木市子ども科学館 火星大接近で特別展示 5759万km先のロマンに迫る

文化

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
100円均一ショップにある材料を交えて作った火星最大の火山・オリンポス山と、火星探査機キュリオシティ
100円均一ショップにある材料を交えて作った火星最大の火山・オリンポス山と、火星探査機キュリオシティ

 2003年以来、15年ぶりに地球と火星が「大接近」する。現在肉眼でも見える、赤く輝く惑星に親しんでもらおうと、神奈川工科大学厚木市子ども科学館(中町1の1の3厚木シティプラザ7階)では、特別展示や観望会などを企画・実施している。

 地球と火星が、5759万Kmの距離まで最接近するのは7月31日(火)。午後7時〜9時に同館プラネタリウムで、40分間のライブ解説付き特別番組投影と、終了後の天候次第で観望会を行う。屋上に天体望遠鏡を運び、火星を観察できるチャンス。当日午前9時から観覧券を販売、いずれも先着90人。大人200円、4歳〜中学生は50円(小学生以下は保護者同伴)。8月4・11・18・25日の各土曜日にも実施する。

 ホールでは、火星について「遊びながら学べるように」と職員が工夫を凝らした特別展示が楽しめる。発泡スチロール製の球体に火星の映像を投影し、パソコン用マウスを動かして自由に”火星探索”が出来る装置や、新聞店から貰い受けた雨の日用のビニールカバーのラップ芯で作った”なんちゃって望遠鏡”など、身近にある材料を使ったお手製の展示物がずらり。人類が想像する火星人の姿を描いたパネルの前で、声が聴ける”おしゃべり火星人”も登場。「火星に街を作ってみよう」をテーマにした工作ワークショップや、面白実験も開催する(詳細は同館ホームページで)。

 なおプラネタリウムでは通常番組でも「火星 赤い惑星の謎」を上映中。月〜金曜は午後3時半、土日祝日と8月31日(金)までは午前10時の回もあり。

 観望会等の問合せは同館【電話】046・221・4152へ。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

厚木管内は搬送倍増

熱中症

厚木管内は搬送倍増 社会

エアコンなど対策を

8月12日号

SDGsパートナー設立

厚木市

SDGsパートナー設立 社会

第1期を募集開始

8月12日号

コロナ専用病床を拡大

厚木市立病院

コロナ専用病床を拡大 社会

感染者増加に対応

8月5日号

謎の土器主役に特別展

謎の土器主役に特別展 文化

あつぎ郷土博物館

8月5日号

全国大会出場へ

厚木清南高校定時制

全国大会出場へ スポーツ

サッカー・バドミントン部

7月29日号

地元からの贈り物

野球部に手作りリヤカー

地元からの贈り物 教育

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook