厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

古松台に救命サポート隊 市内自治会で3例目

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
ガッツポーズで意欲を見せるサポート隊員ら
ガッツポーズで意欲を見せるサポート隊員ら

 市内飯山の古松台自治会に「市民救命サポート隊」が発足し、7月22日に自治会館で発足式が行われた。

 市民救命サポート隊は、心肺停止などの救急事案が発生した際、救急車が到着するまでの間に、応急手当てをするボランティアによる住民組織。119番通報を受けた消防機関からのメールで出動する。同自治会では、以前から自主防災協力隊を組織するなど、防災意識が高かったことから、16人でサポート隊の発足に至った。市内でサポート隊が発足するのは、2014年の森の里自治会、17年の宮の里中央自治会に次ぎ3例目となる。

 発足式では、小林常良市長が「皆さんの崇高な防災意識と行動力に感謝申し上げる」と同隊を激励。長澤安夫会長は「関係機関との連携を密にして、的確に対応できるようサポート隊の力を発揮してほしい。自治会としてもサポート隊員を増やしていきたい」と話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

3月2日から

市議会・一般質問

3月2日から 社会

2月26日号

保育士が公園に出向き育児相談「子育て・気楽に相談パーク」を開始

【Web限定記事】厚木市子育て支援センター

保育士が公園に出向き育児相談「子育て・気楽に相談パーク」を開始 教育

2月26日号

元日本代表MF水野晃樹選手が新加入

【Web限定記事】はやぶさイレブン

元日本代表MF水野晃樹選手が新加入 スポーツ

「昇格に力を尽くしたい」

2月26日号

オンライン確定申告PR

厚木税務署

オンライン確定申告PR 社会

永里選手らがスマホ体験

2月26日号

「広報あつぎ」が2年連続最優秀賞

「広報あつぎ」が2年連続最優秀賞 文化

コロナ禍の「つながり」見つめ直す

2月26日号

ATGサイレン灯

【Web限定記事】

ATGサイレン灯 社会

2月26日号

グループホーム花物語がオープン

花物語あつぎ南(厚木市岡田)、花物語きよかわ(清川村煤ケ谷)

https://hana-kaigo.jala.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク