厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

あつぎ市民発電所 市内初のソーラーシェアへ 発電基金と支援者募る

社会

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
ソーラーパネルを設置する落合農園
ソーラーパネルを設置する落合農園

 脱原発と再生可能エネルギーの普及をめざす、市民による団体・一般社団法人あつぎ市民発電所(遠藤睦子理事長)が7月に設立された。同団体では、活動の第1弾として、飯山に太陽光発電パネルを設置し、市内で初となるソーラーシェアリングに取り組む。

 ソーラーシェアリングとは、田んぼや畑で、作物の収穫量を下げずに、太陽光発電をするしくみのこと。地表から2・5〜4mの高さにソーラーパネルを設置していき、作物を育てながらエネルギーを生成する。国内では、1500カ所を超す農地で実用されるなど、広がりを見せている。

 このしくみに、市内で初めて取り組むのが、あつぎ市民発電所。設立発起人で理事長の遠藤さんは、東日本大震災以降の脱原発の市民活動に参加する中で、「市民ができることはないだろうか」と模索していたところ、今年2月に農地提供の話を受け、ソーラーシェアリングのことを知った。市の協力を得ながら、小田原市に実例を見学しに行くなど準備を進め、今年7月に9人で法人を設立。ソーラーシェアリング実現へ向けスタートを切った。

 実際に行う場所は市内飯山の落合農園。約13m×38m、500平方メートルほどを賃借し、サツマイモを栽培、その上にソーラーパネルを設置する。設置経費は約740万円。発電量は年間で3万4千KW/時を見込む。遠藤理事長は「採算が取れるのに20年弱かかるなど非常に厳しいが、『こんなことができるんだ』というのを実感してもらい、周囲に広がっていけば」と話す。

9月1日オープニングのつどい

 同団体では、9月1日(土)午後1時30分から3時30分まで、アミューあつぎ6階(中町2の12の15)でオープニングのつどいを開催する。

 当日は、ソーラーシェアリングや再生可能エネルギーの専門家らが講演するほか、同団体の設立趣旨や事業内容を遠藤理事長が紹介する。聴講無料、予約不要。

 また、同法人では現在、ソーラーシェアリング実現へ向けて、800万円を目標に「あつぎ市民発電基金」の募集のほか、活動に参加する会員も募っている。

 詳細、問合せは遠藤理事長【携帯電話】080・1010・4759へ。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

3回目接種 前倒し

厚木・愛川・清川

3回目接種 前倒し 社会

オミクロン株の流行で

1月21日号

開館50周年 更なる発展を

緑ケ丘公民館

開館50周年 更なる発展を 社会

「地域と共に歩む」

1月21日号

2分署が新築供用開始

厚木消防署

2分署が新築供用開始 社会

相川と南毛利

1月14日号

心を繋ぐ「結」の年に

清川村

心を繋ぐ「結」の年に 社会

新春村長インタビュー

1月14日号

揃って式典開催へ

厚木・愛川・清川

揃って式典開催へ 社会

新成人は3自治体で2,884人

1月7日号

「万里一空」を胸に

愛川町

「万里一空」を胸に 社会

新春町長インタビュー

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook