厚木版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • hatena

ソフトボールで交流 JAが地域貢献活動

スポーツ

ボールの投げ方を実演する厚木商業の部員
ボールの投げ方を実演する厚木商業の部員
 子どもたちにソフトボールの楽しさを知ってもらおうと、JAあつぎは8月23日、市営及川球技場でソフトボール教室を開催した。

 教室は今年で9回目。JAの地域貢献活動の一環として、毎年行われている。

 この日は、厚木市や大和市のソフトボールチームに所属する小学生約70人が参加。全国大会にも出場する強豪校の厚木商業高等学校女子ソフトボール部の宗方貞徳監督や部員らが講師を務め、ボールの投げ方やバッティングなどを子どもたちに手ほどきした。

 愛甲小ソフトクラブはこの日、2〜6年生10人で教室に参加。副キャプテンの森内謙仁さん(6年)は「教えてもらったことを守って、9月の大会で優勝をめざしたい」と意気込みを語った。

 厚木商業のキャプテン、和田梨理花さん(2年)は、「子どもたちにソフトボールを教えることで、私たちもいい勉強になるので交流を続けていきたい」と話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

あつぎ新時代!!

元号と共に 厚木が変わる いしい正英の三大ゼロ政策

https://www.ishiimasahide.com/

みんなで築く 「元気なあつぎ」

厚木市長・小林つねよし 政治信念は「市民協働」「現地対話主義」

http://tsuneyoshi.net/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク