厚木版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • はてぶ

味覚祭が盛況 なし・ぶどう入賞者決定

経済

対面販売で生産者からなしを購入する消費者
対面販売で生産者からなしを購入する消費者
 厚木市農業協同組合(大貫盛雄代表理事組合長/JAあつぎ)が主催する、第49回厚木市農業まつり「味覚祭」が8月25日、温水の大型農産物直売所夢未市本店で開かれた。この日は厚木産のなしとぶどうを求め、家族連れなどが開店前から列を作った。

 開会セレモニーで大貫組合長は「夢未市を通して、消費者のみなさまに安全安心なものを届けることがJAとしての役割である。多くの消費者に厚木の特産物を紹介し、購入して頂ければ」などとあいさつした。

 この日は、果実持寄品評会の入賞者が発表され、なしの部(出品数51)の優等賞には庄司隆行さん(上愛甲)と内海清子さん(相川)の豊水が、ぶどうの部(出品数24)の優等賞には霜島正昭さん(小鮎)の藤稔がそれぞれ選ばれた。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク