厚木版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

個性はハンディを越えて グループ完 絵画展

社会

完メンバーの赤瀬さん(左)と高井さん
完メンバーの赤瀬さん(左)と高井さん
 オリジナル作品の発表で、社会の一員として文化的・福祉的な役割を果たそうという障害者の集団「グループ完」の「第35回 輝く生命(いのち)の絵画展」が、アミューあつぎ5階ギャラリーで開催されている(9月18日(火)まで)。

 会員らは四肢まひや脳性まひなど重度の障害があり、ボランティアや家族が支える中、県内各地の自宅や施設、病院で制作活動を行っている。一堂に会する機会は少ないが、年1度の展覧会を通して絆を育んでいる。

 展示数は約50点。完のメンバー9人に加え、「口と足で描く芸術家協会」の会員8人も出展している。開催時間は午前10時から午後6時(最終日は午後4時まで)。(問)アミューあつぎ【電話】046・225・2510

厚木版のローカルニュース最新6件

あつぎ新時代!!

元号と共に 厚木が変わる いしい正英の三大ゼロ政策

https://www.ishiimasahide.com/

みんなで築く 「元気なあつぎ」

厚木市長・小林つねよし 政治信念は「市民協働」「現地対話主義」

http://tsuneyoshi.net/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク