厚木版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • はてぶ

本厚木駅前2-2地区 地域でエネシステム構築 産官学が連携し調査開始

経済

スマートコミュニティの導入可能性調査が行われる中町第2-2地区
スマートコミュニティの導入可能性調査が行われる中町第2-2地区
 地域単位で賢くエネルギーを利用する、「スマートコミュニティ」を実現するための導入可能性調査が、このほどスタートした。市が策定した厚木市新庁舎整備基本構想で、新庁舎の建設予定地となった本厚木駅前の「中町第2―2地区」と周辺が対象。民間、行政、大学が一緒になって事業性を検討し、2月までに報告書をまとめる。

 中町第2―2地区は、移転建て替えの市役所をはじめ、図書館、(仮称)こども科学館などからなる複合施設の整備を予定している。

 調査は株式会社日建設計総合研究所(東京都)と、関西電力株式会社(大阪府)が、経済産業省の補助金の採択を受け検討委員会を組織して実施。市は調査のための委員として参画した。市環境政策課によると、昨年11月に関西電力からアプローチがあり、準備を進めてきたという。

 調査の目的は、公共施設が集積する2―2地区周辺で、より効果の高い温暖化対策を講じるための、面的(地域)エネルギーシステム構築によるコストとメリットの想定。地産地消の太陽光エネルギーなどと、従来のエネルギーを使用した場合とのコストや特徴を比較し、事業性を検討する。

 調査で核となるのは、地域単位で直流の電気を流すネットワークをつくる「DCグリッド」の導入。DCグリッドを活用することで、太陽光発電の直流電力をそのまま電気自動車の充電やLED、サーバーなどの直流機器で使うことができ、電気を変換するロスが低減され、エネルギー利用の効率化をねらう。

 また、金田地区の新たなごみ中間処理施設の整備が、2―2地区の複合施設の整備とほぼ同時期に計画されていることから、ごみ中間処理施設で出た余剰電力の活用を含め、地中熱など新たなエネルギー利用も検討する。

環境に配慮したまちに

 スマートコミュニティ構想の第1回検討委員会が、9月21日に市役所本庁舎で行われた。

 メンバーは大学教授2人と厚木市職員2人、地元企業委員としてリコー厚木事業所の社員1人の計5人。日建設計総合研究所と関西電力が事務局を務め、経産省関東経済産業局がオブザーバーとして参加した。

 会議は冒頭のみ公開され、中身は非公開。市環境政策課によると、DCグリッドの紹介や再生可能エネルギーの有効性の検討などが行われた。今後のスケジュールとして、11月、来年1月に委員会を開いて協議し、2月に国へ報告する見込み。

 市はこれまでも新たな公共施設の整備時に、太陽光パネルの設置などをしてきた。同課では、スマートコミュニティを導入することで、将来的にエネルギーコストが下がる可能性や、2―2地区や周辺の魅力アップなど、「環境に配慮したまちづくりの推進にいかしたい」と、調査結果に期待を寄せている。

第1回検討委員会の様子(9月21日、厚木市役所)
第1回検討委員会の様子(9月21日、厚木市役所)

厚木版のトップニュース最新6件

小林市長 3度目の優秀賞

生涯スポーツ振興に評価

厚木北地区体育振興会

生涯スポーツ振興に評価

10月19日号

アユ育成水槽を増築

厚木東と厚木商業 統合へ

県立高校改革

厚木東と厚木商業 統合へ

10月12日号

4連続逆転勝利で快進撃

厚木北高野球部

4連続逆転勝利で快進撃

10月5日号

松蔭大が初出場

福井国体女子バレー

松蔭大が初出場

9月28日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもの居場所づくり創出には

子どもの居場所づくり創出には

11月7日(水) マッチングフォーラム

11月7日~11月7日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク