厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

ZOOM UP 剛腕!?市内最高齢ピッチャー 日本女子リーグ2部の始球式に登板した遠藤昇さん(79)

社会

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena
「腕を回せばもっと速く投げれたのになぁ」始球式で投げる遠藤さん。投げたボールは大事に自宅に飾られている=厚木SC提供
「腕を回せばもっと速く投げれたのになぁ」始球式で投げる遠藤さん。投げたボールは大事に自宅に飾られている=厚木SC提供

 ▽「いやぁ、とにかく楽しかったね」。満面の笑顔で振り返る。日本女子リーグ2部で戦う、ソフトボールチーム『厚木SC』と、6月に酒井グラウンドで対戦した。チームは老幸(ろうけい)会。行きつけの居酒屋「やよい」が厚木SC後援会に入っており、軽く「試合でもしようか」なんて話していたことがまさかの実現。メンバーは地元飯山の知り合いに声を掛け、集まったのは50代から70代の13人。グローブやバットなどの道具は孫から借りるなどして集めた。当日は監督と投手を兼任。ハンデをつけた特別ルールとはいえリードを守ったが、最終回に追いつかれ13対13の引き分け。口々に「俺はフライをとったぞ」などと大いに盛り上がった。

 ▽これがきっかけで、9月に市営及川球技場で開催された同リーグ第4節では、始球式の大役を任された。「あの歓声はたまらない。最高だったよ」とまたにっこり。「私なんかが出られるものじゃない。感謝感激です」投げたボールを握り、見つめながらうれしそうに話した。試合の応援にも熱が入り、厚木SCは2試合を連勝で終えた。

 ▽健康の秘訣は、週2回のグラウンド・ゴルフと、月数回の適度なお酒。老幸会の仲間たちとたまに集まり、早めに解散。何気ない普段の繋がりが力となり、いざという時に人を集めた。「またやりたいね」と、グラスを傾けていることだろう。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

『実践 樹幹注入の心得』

栗原俊光さん著

『実践 樹幹注入の心得』 文化

5月7日号

医療従事者へ花束

厚木商議所女性会

医療従事者へ花束 社会

5月7日号

大きく育て卒業証書

タウンレポート

大きく育て卒業証書 教育

半原小で「楮」の苗植え

5月7日号

歯科医会と連携強化

清川村

歯科医会と連携強化 社会

健康診査事業を実施

5月7日号

新チームを紹介

はやぶさイレブン

新チームを紹介 スポーツ

キックオフパーティー

5月7日号

実践的訓練で備え

愛川町

実践的訓練で備え 社会

新型コロナのワクチン接種

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter