厚木版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • hatena

「お月見ちょうだい!」 猿ケ島で「十五夜」伝統行事

文化

「はいどうぞ」「ありがとう」。訪ねてきた子どもたちと会話も弾む
「はいどうぞ」「ありがとう」。訪ねてきた子どもたちと会話も弾む
 ススキを飾り、団子や収穫した野菜を供え、月を愛でる――。四季を大切にする日本ならではの行事「十五夜」が猿ケ島で9月24日に行われた。主催したのは猿ケ島見守り・支え合い活動SGSゴーゴー(落合峰子代表)。昔から続く日本の行事を子どもたちに伝えるとともに地域の活性化や交流に繋げようと行われているもの。

 参加した子どもたちは、大人たち手作りのうさぎの面を付け、列をなして地域の家庭を訪問。玄関や庭先にススキ飾りがある家の前で「お月見ちょうだい」とおねだりすると家人からお菓子などが振る舞われた。袋いっぱいにお菓子をもらった子どもらは笑顔満面だった。

参加した親子とボランティア
参加した親子とボランティア

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康フェアへ行こう

健康フェアへ行こう

亀田森の里病院

12月16日~12月16日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク