厚木版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • hatena

アユ育成水槽を増築 安定供給と漁業振興めざす

文化

アユ中間育成施設の平面図。右下の赤で囲った部分が新設される水槽(同連合会提供資料を一部加工)
アユ中間育成施設の平面図。右下の赤で囲った部分が新設される水槽(同連合会提供資料を一部加工)
 市内三田にある神奈川県内水面漁業協同組合連合会(山口芳郎代表理事会長)が所有するアユ中間育成施設「厚木あゆ種苗センター」の水槽増築工事が、11月から着工となる。これにより、放流用アユが大幅に生産可能となる。

 アユは厚木のシンボルともいえる魚。相模川では古くからアユ漁が行われており、大正時代には多くの屋形船が浮かび、日本各地からアユ料理を求める人が訪れ、賑わいを見せた。このアユの安定供給と漁業振興をめざし、内水面漁連では相模湾産と、より野生に近い人工産種苗「相模湾産短期継代」を放流している。しかし今まで中間育成施設の生産量が少ないため、他県から種苗を購入し賄ってきた。そのため安定的な供給ができず、魚病の発生や輸送コスト高などの問題があった。

 育成施設を増築することで、天然種苗に近く野性味があり、防疫性の高い放流用種苗の供給量を増やし、漁獲量の向上をねらう。放流に適さないサイズは食用にし、消費拡大も同時に図っていく。

6基を増築

 増築される水槽は、飼育用の11×11m(150t)の水槽4基と、8×8m(65t)の2基の合計6基で、今年度中に完成予定。今までは既存の水槽6基で約3tの放流用アユを生産していたが、増築後は8tが生産可能となる。これにより、魚病のリスクと輸送コストが軽減されることにもなる。

浜の活力再生プランを活用

 育成施設は2016年に、市内の第二漁業協同組合から受け継いだ。しかし12基ある水槽のうち、6基は築60年ほど経って老朽化しており使用できず、翌17年末に解体。このたび増築工事を着工する運びとなった。

 事業費は、農林水産省の「浜の活力再生プラン」を活用。総事業費約1億4千万円のうち、約7千万円を浜の活力再生交付金で賄う。残り半分は、約2300万を県が、残りを内水面漁連のほか、厚木市、相模原市、平塚市、海老名市、座間市、寒川町、愛川町、清川村の8市町村が、漁業協同組合員数の比率に合わせて出資する。

 例年アユ中間育成施設では、1月に約0・8gの稚アユを水槽に入れて、4月から7月に15〜20gに成長したものを放流している。来年は3月末の育成水槽の完成を待ち、業者に預けたアユを水槽に戻して、以降試験的に放流していく予定。

厚木版のトップニュース最新6件

七沢幼稚園

”実り”の秋に野点体験

http://nanasawa-kinder.com/info.html

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク