厚木版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • hatena

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の会長として子どもの安全・安心に尽力する 有坂 克幸さん 酒井在住 51歳

学校を支える「厚木の父」

 ○…市内にある23の小学校、13の中学校PTAから組織される市P連。設立50周年の節目の年に会長を任された。しかし、気負う様子はない。「50周年の式典はOB、OGの方が中心となって進めていただける。我々は現状の活動をしっかりやっていきたい」。教育関係者への提言や、教育研究の発表会など、子どもたちが安全、安心に成長できる環境を整えるのが使命だ。

 ○…現在は相川小のPTA会長も務めている。「PTAの良いところは、普段は出会わない人に出会えること」ときっぱり。その結果、「学校には地域の力が必要だと感じた」と続ける。心に残っているのは、『相川交流プロジェクト』。児童が石巻市に同じ名前の学校を見つけ、「支援したい」と学校に提案。協力を求められ、当時の校長らと物資を現地に届けた。「子どものためだけど、自分も勉強させてもらっている」と感謝する。

 ○…新潟県柏崎市の出身。地元でずっと過ごしてきたが、25歳の時に、仕事の都合で厚木市に越してきた。そこからは厚木一筋。夫人との間には5人の子を授かり、4歳から高2までの子育てパパとして奮闘している。「子育ては全てが大変。5人ともそれぞれに個性があるから」と話すも、「でも、家族といる時間が一番の息抜きだね」と笑ってみせる。

 ○…相川小の6年生を送る会の寸劇で、のび太を演じて以来、児童からはその名で呼ばれることも。「これもコミュニケーション。距離が近くなっているってこと」とにっこり。一方で、世間からはPTAを否定されることもある。「それは実感している。働いている人も多いので、運営を変えるなど、気軽に参加できるようにしていきたい」。思いをひとつにして、子どもたちの明るい未来を願う。

厚木版の人物風土記最新6件

伊吾田 弘さん

厚木市障害者福祉事業所連絡会の会長として尽力する

伊吾田 弘さん

12月7日号

川田 善久さん

ICT機器を活用し、模範となる優れた授業を実践して表彰された

川田 善久さん

11月30日号

中尾 賢治さん

「ふるさと絵画コンクール」事業を発案した

中尾 賢治さん

11月23日号

三浦 竜さん

ユリの魅力を伝える「2019リリーアンバサダー」に認定された

三浦 竜さん

11月16日号

小松 克生(かつお)さん

武部鉄工所労働組合の執行委員長を務める

小松 克生(かつお)さん

11月9日号

大塚 祐二さん

NPO法人障碍者支援センター鮎の風の理事長として障害者の雇用拡大に尽力する

大塚 祐二さん

11月2日号

七沢幼稚園

”実り”の秋に野点体験

http://nanasawa-kinder.com/info.html

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク