厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

ZOOM UP 「伝統文化を支えたい」 授業をきっかけに長谷座員になった松蔭大卒業生

文化

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
身長186cm超の中野さん(左)と阿川さん。2人にとっても決して身近な世界ではなかった人形芝居だが、「頭ごなしに“難しいもの”と決めないで」と語る
身長186cm超の中野さん(左)と阿川さん。2人にとっても決して身近な世界ではなかった人形芝居だが、「頭ごなしに“難しいもの”と決めないで」と語る

 ▽5年前、松蔭大学に日本文化コミュニケーション学科が新設された時の1期生、中野雄太さん(23・妻田南)と阿川哲也さん(24・上依知)。所属ゼミの教授が招待した大学祭での公演で、「相模人形芝居 長谷座」と出会った。2人ともさほど造詣が深くなかった伝統芸能の世界。三位一体で遣う人形の独特の操り方や所作など、知らないことばかりだったが「やってみたら奥が深く惹きこまれた」と声をそろえる。

 ▽授業で人形に触れたのは2年まで。卒業後1年が経った今年、山口熱子座長から「座員として一緒にやらないか」と誘われた。作家志望の阿川さんは「経験の一つとして見識が広がるかな、と。文化の支えにもなれるかな、という考えもあった」、中野さんは「松蔭大とのつながりを持っていられることもうれしい」と、それぞれの想いを胸に秘めて仲間入り。社会人ゆえ、毎回練習に参加することは難しいが、義太夫を聴きながらの自主練やイメージトレーニングで「少しでも演技の幅を広げたい」と前向きに取り組んでいる。

 ▽座員として臨む松蔭祭は明日20日(土)がいよいよ本番。「始めて間もない自分が舞台に立っていいのか、と葛藤はあるが精一杯演じたい(中野さん)」「動作の一つひとつに気持ちを込めるので、人を観るような気持ちでみてほしい(阿川さん)」と、あとは幕が上がるだけ。山口座長の「0点もなければ100点もない。演じることよりも、人形に命を吹き込むことが大切よ」という言葉に背中を押され、いざ―。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

少年球児 48人が卒団

少年球児 48人が卒団 スポーツ

厚木市少年野球協会

1月17日号

細野区が5連覇達成

細野区が5連覇達成 スポーツ

愛川町一周駅伝

1月17日号

中学生の美術作品を展示

中学生の美術作品を展示 教育

21日までアミューあつぎ

1月17日号

「ともに生きる」 を考えよう

「ともに生きる」 を考えよう 社会

ライブと講演

1月17日号

たくさんのレガシーを子どもたちに

たくさんのレガシーを子どもたちに 教育

厚木市教育委員会教育長 曽田高治

1月17日号

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

1月17日号

支え合う地域づくり

支え合う地域づくり 社会

社会福祉法人厚木市社会福祉協議会会長 神保忠男

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク