厚木版 掲載号:2018年11月9日号
  • LINE
  • はてぶ

「おかえり」いきものがかり 「集牧宣言」で特設ブース設置

文化

「南毛利小の後輩です。頑張ってください」予防接種の帰りに寄った温水在住の寺本理恵さん、恵菜さん(8)、璃美さん(4)
「南毛利小の後輩です。頑張ってください」予防接種の帰りに寄った温水在住の寺本理恵さん、恵菜さん(8)、璃美さん(4)
 厚木ゆかりの音楽グループ「いきものがかり」が、11月3日に活動を再開する「集牧宣言」をした。これを受け、アミューあつぎ(中町2の12の15)地下1階のアンテナショップ・あつまる横に、市民やファンから応援メッセージを募る特設ブースが設置されている。

 結成記念日の同日に、1年10カ月ぶりに活動が再開されるとの発表を受け、厚木市と市地方創生推進プロジェクトが企画したもの。現地には、いきものがかりメンバーのサインや、メンバーが掲載された市広報などを展示。また、いきものがかりの代表曲「SAKURA」やアユ、あゆコロちゃんをかたどったカードに、誰でもメッセージを書くことができる。「おかえり」「待ってたよ」「大好き」など、数多くのメッセージが早くも寄せられ、中には大阪や奈良から足を運んだ人のメッセージも見られた。

 メッセージボードは1、2週間掲示し、大山や花火など一枚の絵として完成させる予定。市企画政策課担当者によると、反響が大きければ延長や、完成したものを別の場所に展示することも考えているという。

 問合せは同課【電話】046・225・2450へ。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク