厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

ICT機器を活用し、模範となる優れた授業を実践して表彰された 川田 善久さん 市内林在住 41歳

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

溢れる情熱 子どもたちへ

 ○…県教育委員会の優秀授業実践教員表彰で、教職経験10年以上かつ35歳以上の部門に、市内から唯一選ばれた。情報通信技術・ICT機器を効果的に活用することで話し合いを充実させ、発表時間を確保した授業実践を行っている、と評価された。「身に余る光栄。若い先生の役に立てるよう、より頑張りたい」

 ○…小鮎中で理科を教えている。授業はノートパソコンに用意したプレゼンテーションソフトを使用し、板書をほとんどしない。書き終るのを生徒が待つ時間がもったいないから。「少しでも実験や考える時間に充ててほしい」。実験の仮説を立て発表させる。自分と違う考え方を知ることで、興味関心を高める。さまざまな考え方や意見の中から正しいものを取捨することは、偏った見方にならない。「授業だけでなくこれからの生き方の糧にもなるはず」。語る笑顔は情熱に溢れている。

 ○…栃木県鹿沼市で生まれ育った。量子化学を学び、研究を深めるため大学院へ。院生時に、近隣私立高校に理科の教員が足りない、と助っ人に行った事が教師になるきっかけ。「打てば響く生徒」に触発され「どうしたらもっと理科を楽しんで興味を持ってくれるか」と考えた。もう一度大学へ通い、高校の教員免許を取得。そして「中学でつまづくと高校の理科は頭に入らない」と、中学の教員免許を取得したのは30歳直前だった。

 ○…豪快に笑う様が印象的。だが総括教諭、学年主任のため担任は持たず、生徒指導も兼任するため「生徒からは怖がられる方かな」と少しさびし気。先日卒業生が理科教師になりたい、と来てくれたという。「報われますね。子どもたちの存在が原動力です」と、大きく通る声で答えた。今日もパソコンを片手に、授業へ向かう。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

岩田 慎平さん

あつぎ郷土博物館開館一周年記念講座で講師を務める

岩田 慎平さん

愛川町田代在住 41歳

2月21日号

谷 秀次郎さん

アミューあつぎで亡き妻を追悼する初の陶画・陶芸個展を開催している

谷 秀次郎さん

厚木市森の里在住 75歳

2月14日号

大田 勝行さん

厚木歩け歩け協会の会長を務める

大田 勝行さん

厚木市岡田在住 70歳

2月7日号

フロリダ久美さん(本名:加藤久美子)

著書『人生は夢マラソン』が有隣堂厚木店の文芸部門で5週連続1位を獲得した

フロリダ久美さん(本名:加藤久美子)

厚木市出身 41歳

1月31日号

柴田 晋太朗さん

癌を克服しフットゴルフW杯出場を目指しジャパンツアー参戦中の

柴田 晋太朗さん

厚木市寿町在住 20歳

1月24日号

石川 操さん

体育功労者団体の部で表彰を受けた依知北地区体育振興会の会長を務める

石川 操さん

厚木市山際在住 69歳

1月17日号

田代 宰(つかさ)さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第52代理事長に就任した

田代 宰(つかさ)さん

弁護士 35歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

又村一門 展覧会

又村一門 展覧会

20日からアミューあつぎで

2月20日~2月25日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク