厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年1月4日号 エリアトップへ

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第51代理事長に就任した 白鳥 佑記(ゆうき)さん 田村町在住 34歳

掲載号:2019年1月4日号

  • LINE
  • hatena

和を以て貴しと為す

 ○…「成らぬは人の為さぬなりけり」。言わずとしれた、米沢藩主・上杉鷹山の言葉。「議論や伝聞だけでなく、行動することが、青年会議所活動の原点。実体験に裏打ちされた資料と根拠から議論することを活動原理と位置付けます」――、柔和な笑顔から発する言葉はインパクト大。厚木・愛川・清川の3市町村の20歳〜40歳までの青年経済人で組織される厚木青年会議所(以下JC)。創設以来、JCならではの視点で、まちづくりや地域活性化活動、自己啓発に励んできた。

 ○…秋には50周年の式典を控えている。前理事長の背中をみて昨年一年を過ごしてきたという。そしてこの特別な年に理事長に就任したことに大きな気負いはないようだ。今年の活動テーマには「和を以て貴しと為す〜過去から未来へ繋がる心〜」を掲げた。十七条憲法の冒頭第1条第1文「以和為貴」。日本で最も初めに創られたこのルールを「とにかく仲良くやること」と訳し、「(厚木JCで)50年受け継がれてきた和の心と調和の精神を未来永劫継承する、礎の一年とする」と力強い。

 ○…小鮎小・中、厚高卒。明治大学へ進んだ。現在、三竹法律事務所のパートナー弁護士。弁護士としても「和解を大切にするタイプ」と自身を分析。趣味は「多趣味」で、流行りものには何にでも興味をもつタイプ。公務員の妻との法律談議が、いわば癒しの時間だ。

 ○…JCに入会して5年。この団体が何者かもよくわからず飛び込んだが、机に向かっていては通用しないのが現実であるということを学んだ。現在のメンバーは65人。活動の最重要項目に挙げる会員拡大は「まちの成長」を見据えている。「まちのために考える人が1人増えれば、まちは1歩進む」。――未来の厚木を託せる男が見つかった。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

高橋 正行さん

神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長を務める

高橋 正行さん

(有)サガミ住設代表取締役 44歳

6月5日号

諏訪部 晶(さかえ)さん

「水辺の生き物調査隊」の隊長を務める

諏訪部 晶(さかえ)さん

厚木市旭町在住 69歳

5月29日号

佐藤 明さん

厚木市の副市長に就任した

佐藤 明さん

厚木市鳶尾在住 57歳

5月22日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

56歳

5月15日号

早川 聡さん(雅号:嗣龍)

書道家で4月13日までアート展を開催している

早川 聡さん(雅号:嗣龍)

厚木市飯山在住 45歳

4月3日号

井上 允(まこと)さん

2月のさがみ自然フォーラムの運営にも携わったあつぎ環境市民の会代表

井上 允(まこと)さん

厚木市上荻野在住 72歳

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク