厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

JAあつぎ 葉ニンニク 特産化へ 鳥獣対策などで栽培強化

経済

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
葉ニンニクの生育状況を確認する生産者の三橋澄夫さん(左)と営農指導員の清水太一さん
葉ニンニクの生育状況を確認する生産者の三橋澄夫さん(左)と営農指導員の清水太一さん

 厚木市内の山間地域や清川村で栽培された、「葉ニンニク」の出荷がピークを迎えている。鳥獣対策や生産品目拡大のため栽培がはじめられたもので、JAあつぎ(大貫盛雄代表理事組合長)では、特産化へ向けて動き出した。

 JAあつぎ管内では、生産者の高齢化をはじめ、鳥獣被害や傾斜地・狭あい地の環境条件など、さまざまな問題を抱える。この問題を踏まえ、JAの営農技術顧問や各地区の営農指導員は、鳥獣被害に強く、収穫や荷作りがしやすい軽量の葉ニンニクの栽培を積極的に進めている。

 葉ニンニクの栽培は、清川村の生産者5人が2016年にスタート。現在は鳥獣被害が深刻化する厚木市内の荻野や小鮎、玉川地域でも栽培が進められ、生産者が32人に増加。栽培面積も当初の5アールから、40アールに拡大している。

 現在栽培する葉ニンニクは『ハーリック』という品種。葉幅が広く、はかまが長いため収量性が高いのが特徴。柔らかく、ニンニクより味がマイルドで食味が良いことから、なべ物や炒め物、パスタなど幅広い調理用途に向いているスタミナ野菜。

 生産者の一人、市内小野の三橋澄夫さん(66)は、栽培2年目。「夏に同じ畑でトマトを栽培していると、シカやサルに食べられてしまうこともあるが、冬に植える葉ニンニクは食べられたことがない」と話す。JAあつぎの営農指導員、清水太一さん(34)は「栄養価が高く、調理方法も豊富なので、ぜひ一度食べてみて頂けたら」と語る。将来的には、「丹沢の葉ニンニク」としてブランド化も視野に入れる。

 葉ニンニクは、同JA農産物直売所「夢未市」やグリーンセンター、道の駅清川などで2月末ごろまで販売されている。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

交流施設整備へ意見交換

厚木市複合施設

交流施設整備へ意見交換 社会

図書館、未来館WS(ワークショップ)を開催

11月27日号

青春の熱唱 今年は映像で

若者たちの音楽祭

青春の熱唱 今年は映像で 社会

12月11日に配信予定

11月27日号

児童と作る花火動画

厚木JC

児童と作る花火動画 社会

12月中旬の配信目指す

11月20日号

20年の活動に感謝状

コンビニ防犯連絡協議会

20年の活動に感謝状 社会

会社の垣根越え情報共有

11月20日号

収穫野菜をFB(フードバンク)に寄付

東京農業大学

収穫野菜をFB(フードバンク)に寄付 社会

学園祭中止で「役に立てば」

11月13日号

出水騎手がファイナル進出

厚木市出身

出水騎手がファイナル進出 スポーツ

競馬のヤングジョッキーズシリーズ

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク