厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

在宅医療の現実知って 専門職らの講演会に関心高く

社会

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena
講演会のようす。認知症と脳卒中を発症した花子さんは自宅での生活を望み、在宅医療を支える医療関係者とのやりとりも展開された。次回(来年開催予定)は物語もラストへ向かう予定だ。
講演会のようす。認知症と脳卒中を発症した花子さんは自宅での生活を望み、在宅医療を支える医療関係者とのやりとりも展開された。次回(来年開催予定)は物語もラストへ向かう予定だ。

 在宅医療や介護、生活支援を考える市民講演会「やっぱり家がいい!」が2月24日、厚木市文化会館で開かれた。

 誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる「地域包括ケア社会」をめざし始まった同講演会は今年で3回目。厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会が企画・演出・出演した。同連絡会は、地域包括ケア社会の実現と地域住民への理解促進などをめざし設立された。メンバーは医師、歯科医師、薬剤師、看護師ら医療と介護、福祉のスペシャリスト13人。

 認知症を患った「厚木花子さん」一家をモデルにした講演会は、家族の戸惑いや地域の人とのかかわり、医療や福祉サービスの利用方法など、工夫を凝らした演出となった。「来場者により分かりやすく伝わるように」と、今年も同会メンバーらがシナリオから作成し、資料とプロジェクターを用い、自らがナレーションで役を演じる寸劇スタイルで展開された。会場には252人の市民が来場、メモをとったりうなずいたりしながら熱心に聴講していた。

 同会メンバーで講演会にも出演した高熊達朗さん(歯科医)は「3年間この形で講演会を開いて、だんだん人数が増えてきている。それだけ関心を持ってもらえているのだと思う。きれいごとだけではない現実を伝えることで、自分の人生を考えるきっかけにしてもらえれば」と話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

少年球児 48人が卒団

少年球児 48人が卒団 スポーツ

厚木市少年野球協会

1月17日号

細野区が5連覇達成

細野区が5連覇達成 スポーツ

愛川町一周駅伝

1月17日号

中学生の美術作品を展示

中学生の美術作品を展示 教育

21日までアミューあつぎ

1月17日号

「ともに生きる」 を考えよう

「ともに生きる」 を考えよう 社会

ライブと講演

1月17日号

たくさんのレガシーを子どもたちに

たくさんのレガシーを子どもたちに 教育

厚木市教育委員会教育長 曽田高治

1月17日号

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

1月17日号

支え合う地域づくり

支え合う地域づくり 社会

社会福祉法人厚木市社会福祉協議会会長 神保忠男

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク