厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

ATSUMO(あつも) ご当地ロボDVDデビュー 厚木の技術力を全国PR 

文化

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena
音楽に合わせて軽快に踊るロボットアイドル『アイドロイド5』
音楽に合わせて軽快に踊るロボットアイドル『アイドロイド5』

 「あつぎものづくりブランドプロジェクト」(中村幹夫会長/通称・ATSUMO(あつも))が開発した、ロボットアイドルグループ『アイドロイド5』が4月19日、DVDデビューする。

 ATSUMOは、厚木商工会議所に加盟する民間企業と行政、市内の大学が技術提携し、地域経済の振興、人材の育成などを行うプロジェクト。

 今回のアイドルロボットデビューの話は、2013年に厚木市がさがみロボット産業特区の指定を受け、「広告塔としてロボット開発をしよう」とスタートしたのが始まり。その時は等身大の二足歩行ロボットを開発し、鮎まつりなどで披露したが、「よりかわいく安全なものを」と、再び開発し、現在の高さ45cm、重さ2kgのロボットに至った。中村会長は「ロボットでATSUMOの知名度も上がり、広告塔としての役割は果たしている」としつつ、「より厚木のロボットを全国に広めるためにこれからやっていく」とデビューに向け意欲を見せる。

「目標は紅白出場」

 アイドロイド5は、5体からなるご当地ロボットアイドルグループ。17年の4月にイベントに初出演し、これまでに日本各地でのイベントや、中国、韓国などでのステージ経験もある。曲に合わせて、5体が息の合ったダンスを披露するのが特徴で、「5体のダンスを合わせて、一度バラバラに踊らせ、再び合わせるのが凄く難しい」とロボット開発担当理事の岡本正行氏は説明する。

 今回のデビュー曲は、『だから、やりましょ!』と『どっから、どこへ』の2曲。どちらもオリジナルで、作詞を岡本氏、作曲をアイドルプロデュースも行う作曲家の青木眠斗(みんと)。氏が手掛けた。

 『だから〜』は青木氏曰く「王道のアイドルソング」で、『どっから〜』は一転して、スローバラードに仕上がっている。青木氏は「ロボットが癒してくれる雰囲気が浮かび、メロディがきれいな歌ものの曲に仕上がった」と話す。

 また、作詞に初挑戦したという岡本氏は「ロボットのイベントを日本各地で行うなかで、子どもからの質問が多い『ロボットに寿命はあるの?命はあるの?』をテーマに作った。限りある命なので頑張ろうというメッセージを込めた」と話す。

 DVDは4月19日(金)に発売。価格は2曲入りで1500円(税別)。当面はロボットゆうえんち(中町2の12の15アミューあつぎ3階)の店頭、WEBサイトで販売する。今後は、CDショップなどにも販売の交渉をしていくという。岡本氏は「当面の目標は1000枚。これを機に、ゆくゆくは紅白出場もめざしたい」と語った。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

AFC U─16女子選手権優勝

愛川町出身箕輪千慧選手

AFC U─16女子選手権優勝 スポーツ

W杯出場決定に貢献

10月11日号

テーマは“オレオレ詐欺”

妻田薬師素人芝居

テーマは“オレオレ詐欺” 文化

12日の縁日で奉納

10月11日号

コラボで伝統の制服再現

厚木東高×リカちゃん

コラボで伝統の制服再現 教育

常盤会が企画、来夏完成へ

10月4日号

“広告バス”で温暖化対策

厚木市

“広告バス”で温暖化対策 社会

12月末まで運行

10月4日号

新産業拠点創り本格始動

厚木市酒井地区

新産業拠点創り本格始動 社会

組合設立 都市計画も決定

9月27日号

新拠点がプレオープン

NPO法人結の樹よってけし

新拠点がプレオープン 社会

10月からカフェ開店

9月27日号

26日に若手サミット

厚木YEG

26日に若手サミット 社会

鮎まつりの未来を考える

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

400年前の郷土の歴史を探る

400年前の郷土の歴史を探る

10月27日(日) 荻野運動公園

10月27日~10月27日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク