厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

「厚展」の4代目代表に就任した 干場 芳子さん 南町在住 73歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

情熱絶やさず21回展へ

 ○…県央地区在住・在勤の美術家が中心となり、相互研鑽や公募による新人の発掘を目的に1998年から始まった絵画の公募団体「厚展」は、昨年20周年を迎えた。立ち上げから参加し、4月から代表に就任。「一緒に立ち上げた先生たちの情熱を絶やさずに、21年目も気持ちを繋いでいけたら」。柔和な表情の中にも強い決意を感じる。会員数は年々増え、現在65人。ところがそのほとんどが60代〜70代という。若い世代を取り込むために、30歳未満は半額で応募できるようになっている。「若い方の応募はもちろん、趣味で描いている方もたくさんいると思うので、気軽に出展してほしい」と呼びかける。

 ○…東京の下町で生まれ、3人弟妹の長女として育った。幼い頃から絵を描くことが好きだったが、自分より上手な人に気後れしていたという。18歳で銀行に入行し、美術部に入部。「おじいちゃん先生だったので何でも褒めてくれた」。最初の給料で油絵一式を揃えたことは、今でも忘れない。自身の絵が行内紙の表紙に選ばれ、「一気に熱が入った」。以降、どんどん絵の世界にのめり込んでいった。

 ○…結婚を機に銀行を退職し、1973年に厚木へ。2男1女に恵まれたが子育てに追われ、大好きな絵は封印していた。次男が幼稚園へ入り10年ぶりに絵筆をとると、「油絵具の匂いが懐かしくて、涙が出るくらい嬉しかった」と振り返る。子どもたちが独立してからは、公民館やふれあいプラザで絵の指導を行っている。花を描くのが好きで「飾ってあるお花を見るとインスピレーションが沸き、すぐに描きたくなる」とにこやか。今、充実した環境に居られることに対し、「家族や周りのみんなに感謝したい」。その表情は、自身の描く絵のように、鮮やかで濁りがない。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

神崎 寿美代さん

ヨミガタリストとして10月19日に厚木市内で地元の民話語りを行う

神崎 寿美代さん

厚木市上荻野出身 52歳

10月18日号

松浦 広明さん

世界観光倫理委員会の委員に就任した

松浦 広明さん

松蔭大学副学長 40歳

10月11日号

頼住 道夫さん

スポーツを通した子どもたちの教育に尽力する

頼住 道夫さん

厚木市飯山在住 67歳

10月4日号

河辺 裕司さん

厚木警察署の署長に9月5日付で就任した

河辺 裕司さん

第96代署長 57歳

9月27日号

森 貞夫さん

厚木税務署長に就任した

森 貞夫さん

55歳

9月20日号

馬場 徹さん

9月16日に開催される昭和大衆演芸バラエティーショーをプロデュースした

馬場 徹さん

厚木市吾妻町在住 73歳

9月13日号

石川 弘子さん

日本経済新聞出版社から『モンスター部下』を上梓した

石川 弘子さん

厚木市厚木町在住 46歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

参加募集

参加募集

中村紀洋さん講演会

11月29日~11月29日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク