厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

「厚展」の4代目代表に就任した 干場 芳子さん 南町在住 73歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

情熱絶やさず21回展へ

 ○…県央地区在住・在勤の美術家が中心となり、相互研鑽や公募による新人の発掘を目的に1998年から始まった絵画の公募団体「厚展」は、昨年20周年を迎えた。立ち上げから参加し、4月から代表に就任。「一緒に立ち上げた先生たちの情熱を絶やさずに、21年目も気持ちを繋いでいけたら」。柔和な表情の中にも強い決意を感じる。会員数は年々増え、現在65人。ところがそのほとんどが60代〜70代という。若い世代を取り込むために、30歳未満は半額で応募できるようになっている。「若い方の応募はもちろん、趣味で描いている方もたくさんいると思うので、気軽に出展してほしい」と呼びかける。

 ○…東京の下町で生まれ、3人弟妹の長女として育った。幼い頃から絵を描くことが好きだったが、自分より上手な人に気後れしていたという。18歳で銀行に入行し、美術部に入部。「おじいちゃん先生だったので何でも褒めてくれた」。最初の給料で油絵一式を揃えたことは、今でも忘れない。自身の絵が行内紙の表紙に選ばれ、「一気に熱が入った」。以降、どんどん絵の世界にのめり込んでいった。

 ○…結婚を機に銀行を退職し、1973年に厚木へ。2男1女に恵まれたが子育てに追われ、大好きな絵は封印していた。次男が幼稚園へ入り10年ぶりに絵筆をとると、「油絵具の匂いが懐かしくて、涙が出るくらい嬉しかった」と振り返る。子どもたちが独立してからは、公民館やふれあいプラザで絵の指導を行っている。花を描くのが好きで「飾ってあるお花を見るとインスピレーションが沸き、すぐに描きたくなる」とにこやか。今、充実した環境に居られることに対し、「家族や周りのみんなに感謝したい」。その表情は、自身の描く絵のように、鮮やかで濁りがない。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

宇野 陽(あきら)さん

SCDスポーツクラブの理事長を務める

宇野 陽(あきら)さん

厚木市岡田在住 44歳

6月14日号

森久保 純生さん

6月9日に開催される、あつぎ飯山あやめ祭りの大会会長を務める

森久保 純生さん

厚木市飯山在住 73歳

6月7日号

山口 泉さん

5月23日付で厚木市自治会連絡協議会の会長に就任した

山口 泉さん

厚木市温水在住 68歳

5月31日号

日野 公三さん

不登校や発達に特性のある子どもたちのための通信制学校を全国展開する

日野 公三さん

明蓬館高等学校校長 60歳

5月24日号

高野瀬 一晃(かずあき)さん

この4月に、学校法人ソニー学園湘北短期大学の第9代学長に就任した

高野瀬 一晃(かずあき)さん

65歳

5月17日号

前川 喜平さん

自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」でボランティアスタッフとして学びを支える

前川 喜平さん

現代教育行政研究会代表 64歳

4月26日号

高田 義介さん

4月1日付で厚木商工会議所青年部の第18代会長に就任した

高田 義介さん

水引在住 42歳

4月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で探そうカブトムシ

厚木市建設業協会二世会

親子で探そうカブトムシ

7月20日 参加費無料

7月20日~7月20日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク