厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」でボランティアスタッフとして学びを支える 前川 喜平さん 現代教育行政研究会代表 64歳

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

夜間中学はセーフティネット

 ○…毎週木曜日。市内中町で自主夜間中学「あつぎえんぴつの会」(以下えんぴつの会)が学習の場を開いている。2013年の発足から5年半。通う生徒たちの事情はさまざまだ。当初は戦争などで学びの機会を失った人が多かった。今は不登校経験者や外国にルーツを持つ人など、世代は10代から80代まで、地元厚木はもとより八王子や横浜からも通ってきている。運営するのは元教員などのボランティアスタッフ。多種多様な学びの要望にマンツーマンで対応している。ドキュメント映画やメディアなどの発信でその活動が注目され、今、「夜間中学」への支援の輪や共感者が増えている。

 ○…そのボランティアスタッフの一員として、えんぴつの会に通い始めて2年が経過。「厚木を知っているといっても、本厚木駅と中町の間だけ」と笑う。2017年、文科省事務次官を退官。民間の立場で夜間中学を支援したいと通っていた福島の夜間中学で、えんぴつの会の代表・岩井富喜子さんに「厚木へ来たら」と声を掛けられた。「成行きで」とにこやかに話すが、学びの場としての「夜間中学」は、若いころから課題としていた。必要性は感じていたが、大きな組織の中では思うように叶わなかった。「タイミングが来て、縁がつながった」という。

 ○…えんぴつの会は「世の中とつながっていく場」と大切にしている。年間の講演数200本以上。ソフトな口調ながらも歯に衣着せぬ物言い、クールで熱量の高い講演は常に注目を浴びる。多忙な日々の中、それでも厚木通いはやめるつもりはない。「教育は一人一人が幸せになるためのもの、夜間中学は義務教育をすべての人に保障するためのセーフティネット。ますますニーズは高まる」。そんな前川節が明日の講演会で聴くことができる。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

足立原 隆之さん

神奈川県PTA協議会の第28代会長を務める

足立原 隆之さん

愛川町八菅山在住 46歳

6月21日号

宇野 陽(あきら)さん

SCDスポーツクラブの理事長を務める

宇野 陽(あきら)さん

厚木市岡田在住 44歳

6月14日号

森久保 純生さん

6月9日に開催される、あつぎ飯山あやめ祭りの大会会長を務める

森久保 純生さん

厚木市飯山在住 73歳

6月7日号

山口 泉さん

5月23日付で厚木市自治会連絡協議会の会長に就任した

山口 泉さん

厚木市温水在住 68歳

5月31日号

日野 公三さん

不登校や発達に特性のある子どもたちのための通信制学校を全国展開する

日野 公三さん

明蓬館高等学校校長 60歳

5月24日号

高野瀬 一晃(かずあき)さん

この4月に、学校法人ソニー学園湘北短期大学の第9代学長に就任した

高野瀬 一晃(かずあき)さん

65歳

5月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おにぎりで地域つなぐ

おにぎりで地域つなぐ

6月26日 こども食堂

6月26日~6月26日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

    6月21日号

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク